インド旅行記~2016年バラナシ~





全く写真以外は記録してなかったと思われた、2016年のバラナシへの旅の記録が見つかった。

まったく記憶にないが(ボケがきてる(・・?)、旅行中に書いたのだろう、メモ帳から見つかったのでそのまま載せておく。

3人旅です。


インド、ヴァーラーナシーへ

ようやく呼ばれたということになろうか、ここだけは絶対行っておきたいという場所、地球上の最重要地であろうと思う。

新幹線で大阪へ、仲間と合流してから、丸一日かけてバラナシへ

スポンサーリンク


すぐに念願の久美子ハウス


意外にも人が多く、ドミトリーはほぼ満室、

友人がベッドを譲ってくれて真ん中のベッドへ
明日のガンガーに備えて体を休めた。

朝4時半に集合してガンガーへ

朝日で少し感動すると、どうもここで求めていた感動はない、自分が何を求めているのか、何に心を動かされるのか、それを求める旅だったように思う。


バラナシへ来た以上、なにか自分の根底を揺るがすような出来事がある。

そのような期待がないわけでもなかったが、分かりやすいカタチでは、バラナシはそれを示してくれなかった、しかし、なかったというにはあまりに言葉足らずであるようにも思える。
ホテルを次々と変わっていくことになったが、それはそれでよい経験になったと思う。

クミコで沈没とはいかなかったけれど・・・。

スポンサーリンク



パレスオンステップで体調は最悪となり、あとは帰りを待つのみとなってしまう、それどころか無事に帰れるかもあやぶまれていた。

友人が相談に行ったところ、ガンガーフジホームに医者がくることになり、なんとも高額なお金を払うことになると思われたが、1500ルピー程度だった。

今帰国を前にして、残念ながらバラナシを満喫したとはいえない。

非常に苦い心境もあるが、同時にバラナシに行けた、行かないでは死ねないところが、これでもうなくなったという安堵感が広がっている。

 

焼けていく死体、

無数の犬と牛、子供の笑顔、

それらを自分の糧とし、

また力強く生きていくことが、私はできるだろうか。

スポンサーリンク



野良牛もいっぱい

 


最後までお読みいただきありがとうございました。ランキング応援、 クリック頂けると励みになります<(_ _)>

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。