東京都 最低賃金、時給932円と勝手にゆるキャラ格付

スポンサーリンク[広告]


最低時給932円

ハローワークに行った時に、マガジンラックに東京都、最低賃金の普及ミニポスターが置かれていた。

最低時給932円というのに驚いた。

10年以上前に京都で初バイトをしたとき、coco壱番屋の時給が750円だったことを思うと、ずいぶんと高い印象を受ける。

気になって最新の京都市の時給を調べると831円であった、やはりずいぶんと上がっている。

それにしても、どんな田舎でも東京都というだけで932円というなら、八王子でも932円以上ということか。

これはかなり恩恵を受けますよね、普通に考えて京都市と八王子市が100円以上も違うんですから、明日から本当に932円以上なのかをチェックしてみたいと思います。

さて、このミニポスターで気になるのが周囲を囲んだゆるキャラたちです、興味を持ってもらおうという厚生労働省の作戦に、見事に私もはまりました

記事にするつもりはなかったんですが、じっくりと見入ってしまいました。

そしたら一つの悲しい発見がありました、

23区以外のゆるキャラがいけてないのです

特に

  • スポンサーリンク[広告]



    狛江市の安安丸(あんあんまる)

  • 大島町のあんこさん

  • 福生市のたっけー☆☆

  • 稲城市の稲城なしのすけ

なんかがセンスなさすぎです、こういうのって素人がデザインするんですかね?

それに対して、

練馬区や豊島区などの23区はいいです

特によかったものベスト3が

3位 たしかめたん 厚生労働省

(厚生労働省所属ということで、地域のゆるキャラではないようです。納得の中央クオリティーですね。)

2位 新宿シンちゃん 新宿区

(コマ劇場などの歴史を感じさせてくれます、さすがは新宿。)

1位 あいりっすん 渋谷区

(別にかわいくないんだけど、なんだか気になるというのを具現化したようなフォルムと色使い、目の周りの模様がポイント?これはなにが題材なんでしょうか)

調べてみると、あいりっすんは代々木公園に住む、ハナショウブの妖精で、目の周りはアイメイク、なのですっぴんバージョンもいました。

けっこう有名みたいで、グーグルには公式サイトも含め、かなりの情報がありますね。

イベントやグッズもあるようですよ。
といういうことで、私の好みでは、一位は渋谷区のあいりっすんでした。みなさんはいかがでしょうか。

やはり、歴史と文化、資金を併せ持った大都市圏が強いなと感じました。

23区でいけてないキャラは見当たりません。

江東区のコトットちゃん なんかもいいですね

それ以外では、わが住所である八王子の天狗、はっちお~じが、まぁ頑張ってお金かけたのかなというレベルにはきている気がしますが、やはりいまいちですよね。

ゆるキャラは難しいですね、本当にいいキャラはかわいいだけじゃだめですからね、インパクトが必要です。

くまモンもシュールさを併せ持っていますからね

以上、無職調べでした。