株式トレード、この手法で年収分を失った

[スポンサーリンク]
[`evernote` not found]
Pocket

株式トレーダーを夢見て、いくつかの手法をためしてみたが、ことごとく損失に終り300万円以上の資産を失った

私が未熟なせいであると思うが、私が実際に損失を出した手法を紹介していきたい。

  1. 働いたことのある株を買う。

  2. セクシーボリンジャー投資法

  3. アービトラージ

  4. ウップス

  5. 空売りデイトレ

  6. 理論株価による長期投資

 

個別にみていきたい。

1働いたことのある株を買う

全くの初心者だったころに、なんとなく縁のある会社を売買して、損失を繰り返した。これは株の全くの初心者がよくやりがちなことだけれども、一度買った株は売らないことが肝心だ。そうするためには、安定した職に就いて働き続ける能力が必要だろう。配当狙いの長期投資であれば、まっとうな手法になりえる。

 

2セクシーボリンジャー投資法

デイトレでもスイングでもいいのだが、ボリンジャーバンドの指標を使って、勢いを利用した順張りで仕掛けていく。ロング、ショートどちらでも使え、比較的損切ポイントが分かりやすく損切しやすいが、損切り貧乏になる可能性が高い手法。しっかりとした検証が必要である。

 

3アービトラージ

銘柄によっては、いつも同じような動きをしているものがある。その銘柄が大きく乖離した時に、ロングとショートを使って同水準に戻るように仕掛けていく手法。

空売りのポジションを半分持つことによって、急激な相場変動にも耐えられるが、損切ポイントの設定が難しい点、そもそも連動する銘柄を選定するための検証に、膨大な時間がかかることなどから、あまりすすめられない。私がこだわり続けたことで、数十万円単位の損失を繰り返してしまった。

 

4ウップス

カリスマ的な相場師、ラリー・ウィリアムズが考案した投資手法だが、なかなか要件を満たさない上に、イメージ通りにはいかなかった。

 

5空売りデイトレ

こちらのサイトで紹介されているものをためしてみたがダメだった。賭博的な要素が高く、システムトレードをするなら、十分な検証が必要である。

 

6理論株価による長期投資

どのようなものでもいいのだが、理論株価を使って会社の成長率にかける方法が王道であり、安心して投資できる。

私は、配当割引モデルという理論株価を少しかじってみたが、ブルベアの投資信託や外国株などを適切に組み合わせれば、問題はなさそうである。唯一すすめられる手法だが、決算発表によって成長率が大幅に変化するなど、難しい面もあり、常に情報収集が必要である。

 

 


ブログを応援したい
or
無職をもっとみたい方
☟☟☟☟☟
にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ

[スポンサーリンク]

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。