期間工寮をばっくれる1~ホンダ期間工からホームレス~

スポンサーリンク[広告]


バックレるのか バックレないのか それが問題だ

夜をかける

友は私を止めた、しかし私は必死に押し通ろうとした。

刑務所のようなホンダ寮に、落ち着きを失った私の声がこだましている。

「やめるうぃーやめるうぃー!バックレるうィー!」

友人は落ち着けて言ってくれていた、2人とも必死だった、私はなんとか説得を受け入れて部屋に戻った。しかし、10分後、再び友人の独房を訪ねた私の表情には男の覚悟があった。

「やっぱり俺はやめる。みんなおかしい、俺もおかしい。」

友人はそうかとだけいった。

そして、部屋の鍵をだまって渡してくれ、自身は夜勤へと向かっていった。

スポンサーリンク[広告]



3勤者(3交代の最後の深夜帯)が出勤を終えて、皆が寝静まるころ、男は行動を開始した。

必死だった、とにかく荷物を4階から、3階の友人の独房に押し付けた。

あとでどうにでもなる、当時はそう思っていた、私の通帳には150万円ほどにぎられていて、それでなんとかなると思った。

必死で汗まみれになりながら段ボールを運んだ、まわりからせかす声がきこえる、あるいは幻聴かもしれないがたしかに聞こえた気がした。

「・・・おーバックレとるバックレとる(*´з`)」

たぶん、言ってる人はいたと思う。

深夜の時間帯とはいえ、三交代の現場である、まだかなりの灯りがあったのだ。

自分の交代者にもすれ違った、その人は唖然とした表情でこちらを見ていた、私は今工場にいないといけない時間帯なのに、独房にいたのだから。

独房の前で、二段段ボールを必死に運んでいる姿に何を思っただろうか、私の歩調は自然と速くなった。

いまだに彼の表情を思い出す時がある、この人はなにをやってるのだろうか、そんな人間の生の表情だった。

友人は職に困っているときに京都から呼び寄せた、大学からの友達だ。

私が急にバックれられたのは、このリアルの友人の存在が大きい、彼の部屋を活用できなかったら、あるいは別の未来を生きていただろうと思う。

11カ月分の荷物だったので、すぐに逃げれる量ではない荷物を抱えていたから、普通の人は思い付きでばっくれるなどは難しいことだろう。

友人を、一人寮に残していってしまったことはたいへん申し訳なかったが、当時の私は逃げ切る、その思いでいっぱいだった。

寮をバックレてからの数日間のことはいまでもよく記憶している。

私は短期的な計画をたてて、とりあえず派遣会社に潜り込もうと考えた。

京都のアパートはもう引き払っていたし、実家の九州に戻るというのも最後の選択肢だった。

底辺マスターになりつつあった私の頭の中には、あらゆる選択肢があるように思えた、自転車で10キロ近く走って、浜松駅まで行き、少し惜しみながら自転車を乗り捨てた。

自転車を買った時の古道具屋のおっちゃんを思い出す、

「浜松を離れる時は、また買い取ってやるから、社員になれたら一番いいけどな~昔はみんな社員になったニダ~」

そんなことを話していた。

しかし、私を待っていたのはバックレの未来であった、期間工でさえ私には勤まらない。

今ではこれも私の中で常識であるが、それが分かるまでに多くの苦しみが、当時の私には足りなかった。

自転車を丁寧に浜松駅のガードに乗り捨てると、私はマンガ喫茶に向かい一晩を明かす。漫画喫茶にある求人が目についた、とりあえず情報はなんでもと、漫画喫茶の求人をメモったのを覚えている。

ネットで朝方までいろいろと派遣会社の情報を調べあげた。そして一番ひいきになっていた京都本社の日本ケイテムが、浜松で面接会なる、という情報を得た私は、それに参加することにした。

しかし、まだまだその日までには何日かあったので、ネットカフェを転々としながらその日を待った。

1年ぶりの自由であった、しかし自由の高揚感はバックレた日だけで終わった。

はっきりと終った、次の日からは、お金を出さないと家がないという不安に襲われた。それは初めて味わう苦しい不安だった。

「しんどいよーそりゃーうぃー考えかた、変えた変えた、リーマン、リーマン!」

とホンダ寮の先輩Hさんから聞いていたのを思い出した、なにをいっているのかよく理解できなかったのだが、今ならわかる気がした。

リーマンショックで死にたくなるほど追い詰められた、そういうことだったのだろう。

その2