ホームレスからの教訓byある路上生活者

スポンサーリンク[広告]


この記事は旧会社の先輩、Mさんがホームレスの方との会話をまとめたものです

貸していただいた当時、自分の境遇と重なる部分も多く衝撃を受けました。

会社の先輩は、数年前に片道10キロを歩いて通勤していた時、毎日のように、橋げたでこのホームレスと会話をし、教えを乞うたそうです。

今はどうしてるかわからないけど、どうやらもういないようだということです。

素晴らしい教訓&紛失防止になるので、ここで紹介しておきます。

ホームレスの言葉


母の写真見つかってよかった

写真、一枚しかないから見つかってよかった。

忘れちまうばばぁ(母)の顔。

最近どんどんわすれていく、昔の事、いろいろ、いろいろ、でもいいのか忘れても、よく考えりゃあ。

いい思い出なんてねえ

子供のころから貧乏で、中学を出たらすぐ働いた。

小っちゃな工場の旋盤工で、安月給で、だだっ広い作業場で、夏は死ぬほど暑く、冬は隙間風。

足先、指先が凍りついた。

寮生活、二段ベットで休みは月2回、その休みもでダラダラテレビを観るかパチンコ。休み2回でキレイに給料は消えたっけ。

いつもポケットには小銭しかなくて、それでも時々街に出て映画・・・・・・。

いや・・・・・。映画は嫌いだった。

オレと同い齢の高校生が仲間、あるいはカップルで連れだっているから眩しかった。

映画よりズッ、、、、、と。そんな時はみじめでな、いつか見返す。

胸の中でいつもつぶやいていた。

スポンサーリンク[広告]



21の時、勤めていた小ちゃな工場が潰れて、その後はフラフラフラフラ。

運送屋の助手皿洗い掃除夫工場のライン新聞配達。どこも長続きしなかった。

オレは人と馴染めず、人生の階段を昇れなかった。

昇れず退職の繰り返し。だからズーっと下っ端。

オレは不公平!不公平だって思ってた。世の中、不公平だって。

でも本当はちっとも不公平なんかじゃなかったのかもな。

だってオレは何も積み重ねず、一人ですね、ふてくされ、社会から手を放し続けてきたんだから、でも、

こんなオレでも一度だけ、頑張ろうと思ったっけ、板前になろうって。

オレの入った店は追い回し3年、焼き方5年、煮方は10年。

一丁前の板前になるのには15年、20年。その途方もない時間、、、、に。

オレは結局、音を上げ、、、、へこたれた。凹んで垂れた。放棄したんだ、頑張りを。

ポタポタハァーハァー足りなかったんだ辛抱が、、、、。

誰だって、何も考えずにこんな重労働出来やしねえ、どうしても辿っちまう過去。

もう救えねえ過去の自分、戻らない日々。

あの頃

働いていた割烹に、ちょっとだけ手伝いに来た学生がいて、オレみたいな者にも、優しくてキラキラしてて、一発で好きになった。

でも、いえなかった。そんな事とても・・・。

まぁ声を掛けたところで同じ事、無理な話。

釣り合わねぇ、俺なんかとても。

でも、たとえ無理でも、それでもあたってみるべきだったな。ちゃんと断られるべきだった。

失恋しておくべきだった。失恋しそびれた。いや、色恋だけじゃねぇ。全て。自分が悪い時に謝りそびれ、仲間に優しい言葉を掛けそびれ、そして挑みそびれ、とどのつまりいきそびれた。

気がつけば融通の利かぬホームレス、変人、鼻つまみ者

あんなんじゃ損するだけ。社会夫適合者といわれ、でもオレはそれでちょっと安心した、そう安堵した。

オレはオレの人生の失敗を性格のせいにして安心していた。

多分、無能と思われるより良かったんだろう。

まだひねくれ者の方が、オレのこじれ。人生のこじれは逃げ、、、。

逃げだったのかもしれねぇ。

人生に正面から向き合わない「逃げ」、怖かったんだ。

幸せを求めて幸せを得られない事が。成功を求めて成功を得られないことが、優しさを求めて優しさを得られないことが。

結局オレは傷つく事が怖かったんだ。

怖いから他人と繋がらず、他人を許さず自分を守って、結果手にしたのは空洞の人生。

ふがいない自分だ。いききれなかった人生だ。

Byある路上生活者

関連記事

「ホームレスからの教訓」が読まれている記事トップになってしまい複雑な気持ちの無職 この記事は元職場のタクドラの先輩からの引用、さらに元はホ...

コメント

  1. nekokuti より:

    そのホームレス、ここまで己の過去を正視できるというのは立派だと思います。

    僭越ながらこうして欲しい、という希望を言っていいでしょうか?
    改行が多く文章が縦に長い気がするから、横長にしたら読みやすいと思う。あと、文字のフォントを大きくするか太くする。

    • 国矢眼 より:

      >nekokutiさん
      コメントありがとうございます。私もこのホームレスは強い人だと思いました、
      自分のことを言われているようでドキッとしました。

      ご指摘されたところ、さっそく改善に取り組んでみようと思います。
      また、なにかありましたらよろしくお願いします。

  2. シュウベ より:

    このページは初めて拝見しましたが、心に突き刺さるものがありました。
    「人生の失敗を自分の性格のせいにして安心していた…」これは他人事のように思えないフレーズです。
    私自身も社会不安障害だから…生まれもった性格だからと、うまくいかない人生の言い訳にしていたのかもしれません。
    「結局手に入れたのは空洞の世界…」、とてつもなく重い言葉ですね。
    失敗してでも恥をかいてでも他人と関わりながら生きる…少しでも悔いの残らぬ人生になるためには、他人の中に飛び込む勇気…今の自分に最も必要なものだと、気が付かせてくれました。ありがとうございました。

    • 国矢眼 より:

      しゅうべさん、どーもです。
      常に自分が立ち返り、読み返す必要がある文章だと感じたので記事にしました。自分の弱さを教えられるようで辛い手記でもありますが、それでも自己と向き合っているホームレスの方の生き様に胸打たれます。きっと誰かに届くと思って発言したとしか思えないような重みがあります。
      このような気持ちを先輩から私、私からブログを通して共有できたことがうれしいです、ありがとうございました。

  3. 匿名 より:

    全部妄想乙

    • 国矢眼 より:

      教えてくれた先輩は随分おかしな方だったので、ほんとに妄想かもしれません。