アドセンス(広告)停止をくらって考えた1

[スポンサーリンク]
[`evernote` not found]
Pocket

ブログを辞めるのか 続けるのか それが問題だ

ブロガーを退場寸前まで追い込まれています。

昨日の記事

おそらく身内の人が、私を助けるために善意でクリックしてくれていたんだと思われます。ポリシーを理解せずに、身内への通達をせずに運営をしてきた、完全に自分の責任による末路でした。

を投稿してから、身内とラインでやりとりをして、特別クリックしたりはしてないことが分かった。

このことから、少しづつ不信感が出てきました。

少し古いですが、全く同じように停止を受けた記事を見つけました。

アドセンスのアカウント一時停止をくらう、アドセンス1本で行くのは危険と認識した顛末

この方も、突然の停止をくらっています。

今回の場合は、身に覚えがないのに突然、アカウント一時停止のメールが届いたので、正直、少し頭に来ました。

記事がアドセンスポリシーに違反している場合などは、まず警告メールが来るはずですが、いきなりアカウント一時停止ですので、メール本文にあるとおり不正なクリックによるものと考えられます。

しかし、まったく身に覚えはなく、直前のアドセンス収益が増えていたわけでもないため、アドセンス狩りによるものであるかも不明です。

7,700円まで貯まっていたアドセンス

順調にいけば、来月には受けとれていた初報酬ですが、上の方のケースでは確定報酬が半額ひかれていますので、私の場合も報酬の減額が予想されます。

アメリカからの大量のアクセス

私の場合は、6日の明け方、アドセンス停止メールがくる数時間前に、もう一つの株をテーマにするサイトに、50人を超えるユーザーが【お気に入り】から訪問していることが分かりました。

その後、7日にこのサイトでも、同じように異常なアクセスがありました。

最初はアメリカから、アドセンス狩りにあったのかと思いましたが、2つのサイトのつながりが分かっているということで、間違いなくグーグルからではないかと思われます。

グーグルも疑いましたが、おそらくシステムが私のサイトを検証していたのではないかと考えていますが、前触れもなく突然広告を停止してきたグーグルへの処置には納得できません。

突然、求人を漁りはじめる

真剣にタウンワークを見はじめ、派遣会社にも仮登録する

  • グーグルに対する不信感
  • アドセンス広告の脆弱性

をまざまざと見せつけられ、これではとうてい一年頑張ってブログにかけるということができないと感じています。

生きるのか死ぬのか

今後どうするのか、働けるのか働けないのか、分からない。

分からないけれど、ブログランキングで、もう無職カテゴリーにはいられなくなる可能性が高い、もう一度気合を入れてブログに取り組めるのか、一カ月やってみるか。

 

願うても 叶うことなき成功の 道の途上 それもまたよし

国矢眼 介

 

アドセンス停止関連

グーグルアドセンス(広告)停止をくらいました

アドセンス(広告)停止をくらって考えた2

アドセンス(広告)停止をくらって考えた3


ブログを応援したい
or
無職をもっとみたい方
☟☟☟☟☟
にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ

[スポンサーリンク]

関連記事

“アドセンス(広告)停止をくらって考えた1” への2件のフィードバック

  1. 普通にアンチの嫌がらせって事もありますよ。
    中には何となく粘着してくる輩もいますから。 奴等は人の利益や幸せが許せないのです

    1. >伊藤さん
      ご訪問ありがとうございます。
      たしかに、そうかもしれませんね。開始3カ月で少し目立っていたとプラスに受け止めたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。