ロシアがなんであんなに広いのか、調べたみた。

スポンサーリンク[広告]


ロシアはどうしてあんなに広いのか

領土拡大のシュミレーションゲームにはまっていることによって、現実の国の領土にも興味が出てきた。

スポンサーリンク[広告]



小国は大国には勝てない

ゲームで、最初から大きい国を使うのは簡単で面白くないので、あえて小国を選んで難易度を上げている。

その結果、見事に隣の大国の餌食になり、1ターン目でなにもできないまま滅亡してしまうこともあれば、そこそこ頑張って領土を拡大できても、もともと少ない人員や物資を拡散させているために、質が悪くこれまたジリジリと滅亡に追いやられる。

小国の運命

小国で生き残るには、

  1. したたかな外交で延命を図る
  2. 歴史に残るような豪傑を輩出し、領土を拡大する

しかなく、すぐに滅亡へと追い込まれるのが現実的だ。

現実の国の領土を見て思ったこと

※帝国書院『大きな文字の地図帳』より

大きな国

世界地図を見て、真っ先に思うことはロシア、中国、アメリカ、カナダがでかいということ。インドやブラジルは、ゲームでもありそうな大きな国レベル、オーストラリアは島だし、新大陸だしで説明はつく。

アメリカや中国

アメリカも新大陸で、国の成り立ちは教科書にもでてくるし、なんとなくわかる。中国も始皇帝がよくこんなに広い範囲を統一したよな~と、その大局観に感心するばかりだ。

ロシア

ではロシアってなんでこんなにもでかいんだろうか。

モンゴル帝国のチンギスハンや、中国の始皇帝みたいな存在は知らないし、国の成り立ちも特に勉強した記憶はない。

調べてみると、ロシアの元の国はモスクワ大公国で、バルト海周辺でしのぎを削っていたようだが、敵対していた当方からの騎馬民族を火薬などによって駆逐、東方が目立った国家や集団のない無法地帯であったため、なんと勢力はアラスカまで達したという。

画像©ウィキペディアより

メリットのない北方

しかし、中国や日本を初め、他の文明もあったはずなのに、どうして進撃しなかったのか。

防寒設備も発達していない当時、探索するだけで壊滅するような場所を開発する気は、そもそもあまりなかったのだそう、でもそれはロシアも同じじゃないだろうか。

それが、どうやらロシアは違ったらしい、”金のなる木”をみつけたのだ。

進撃したのは商人だった

進撃した人が歴史に残っていない理由が分かった。

それは、黒貂(テン)の毛皮を手に入れるために、商人たちが未開の地に街を造りながら進撃していったらしいのだ(一部武力で駆逐)。それらは、欧州との交易で信じられない高値で取引され、モスクワに莫大な利益をもたらしたというから、人々はこぞって金を求めて、命がけで東方を目指した。

無法地帯にモスクワの人々が造った町は、やがてモスクワに帰属することになっただろうし、そうなるのが自然だ。

まとめ

ロシアが大きくなった理由は、

  • 前身のモスクワ大公国
  • 黒テンを得るため(商人)東方へ進出
  • 東方が未開の地だった
  • まだ他国が興味を示さなかった領土を拡大した

というのが、今回分かった。