失業期間終了で完全体の無職に進化した無職

[スポンサーリンク]
[`evernote` not found]
Pocket

完全体無職現る

ついに失業給付金が終了した。

最後のハロワ

6月22日に最後のハローワークに行ってきた、もうしばらくは行くことはないと思われる。

約一週間後に振り込まれたお金を最後に、私の収入は途切れることになり、ついに働き盛りの30代前半の完全体無職が誕生した。

そもそも無職を長くやるつもりはなかった

資産は減らせないと考えていたので、失業給付すらもらわない予定でいたが、株での想定外の損失により、すべてがどうでもよくなり自暴自棄になったしまった。

今働いたら冗談抜きで死んでしまうと思う。

貯金および株式残高

貯金とベトナム株

つい半年前まではタクシー乗務と期間工で、死に物狂いで貯めた400万円の資産があった私、しかし現在、現金が170万ぐらい+ベトナム株が40万ぐらいと、ギリギリ200万円あるかないかといったところ。

普通ならまだまだ余裕があると思えるかもしれないけど、400万でも普通に働いてはいけないと思って焦っていた自分にとっては全く余裕はない。

想定外の株の損失

年末年始にアービトラージ手法の中期トレードで70万以上ののお金を溶かし(´;ω;`)その後もズルズルと放心状態でデイトレでの損失を続けて、130万ほど溶かしたと思います(´;ω;`)

これにより株の生涯収支が-300万円を記録、しかしこの時も10年以上渡り歩いた証券会社にいちいち電話をして、年別の-を記録していくという負け組なりの精神力の強さを見せました。相場の神様は、馬鹿にしながらもなかなか骨のあるやつがいたものだと思ったに違いありません。

海外に逃げようとした

利回り10パーセントのベトナム株を買って、ベトナムをはじめ東南アジアの物価が安い国を渡り歩きながら、次の一手を考えようとしていましたが、頓挫。

わざわざベトナムに住めるかどうかリサーチにまで行ったのに・・・ああこれが他人なら、どんなにか嬉しいものでしょうか、しかし現実は自分のことです(´;ω;`)なんということでしょう。

生き残るために

迫りくる危機

タクシー勤務で下手に年収が400万円以上あったために、月当たりの市民税を2万以上払わないといけない、また健康保険の請求も近いうちにくるだろう。

どうやってその日を生き残るか

年金は完全無視をしている、将来のことより今を生き抜くこと、自分一人を食わせるのが精いっぱいだ。ずっと一人暮らし、うまいものも食えず、人が当然のようにやってきた遊びも我慢してすべては資産を増やすために頑張ってきたけど、株退場にもより、今は明日が見えない日々だ。

陰陽うぃー

北朝鮮がミサイル打ち込んで、それが家に直撃しないかな~とか考えてる、ねているうちならなお良い。

そうすれば四苦八苦から解放されるのに・・・よく自殺したら地獄に行くとかいうけど、むしろこの世が地獄だろと思うけどな、多分お気楽な人が多いんだろう。

そんな人達には命の美しさなんて見えないんだろうな、だから🐼とかだけギャーギャー騒ぐんだよ、蚊だってゴキブリだって同じように美しい。みな自分が愛おしく、同じように生きようとしている命じゃないか、見た目なんか関係ないよ。

この世とあの世が地獄、生命が地獄ならまた、天国でもある。自分は天国も地獄もないほうを選びたいけどね、色んな地獄をこれ以上見たくない気持ちのほうが勝ってしまう。

 



ブログを応援したい
or
無職をもっとみたい方
☟☟☟☟☟
にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ

[スポンサーリンク]

関連記事

“失業期間終了で完全体の無職に進化した無職” への2件のフィードバック

  1. せっかく免許も経験もあるんだから、タクシーでもう一回頑張って、金を貯めるというのは?

    1. >ponchanさん
      コメントありがとうございます。
      タクシーはもう乗りたくありません、稼げる仕事はきついです。働くならやはり期間工かなと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。