居心地がいい場所に”とどまる力”を意識する

スポンサーリンク[広告]


先日から、インド旅行記をノートから写して掲載している。

まさか、この文章を公開する日が来るとは、思ってもみなかった。しかし、自分自身の記録として丁寧に記してノートにまでまとめたものだから、ただ写真を掲載するだけでパワーコンテンツとして機能しそうだ。

ノートは捨てていないとしても、使い捨てカメラで撮った写真までが残っていたのがありがたかった。写真を現像するとき、カメラ屋さんが、そういうサービスだったのだろう、CD-Rにデータを写して渡してくれていたのだ。写真があるので今まで一度も見ることはなかったけど、いまになると感謝感激である。データサイズは小さいけど、写真には使い捨てカメラで撮った味が感じられる。

 さて今回、旅行記を写していく中で、今後のヒントになりそうな気付きがあったので記しておきたい。

私は、なにか物事を進めていくときに、例えばそれが旅であるならば、事前にリサーチして頭の中で計画していることがほとんどである。それは自然なことで、多くの人が行き当たりばったりにたびなどしないだろう、しかし、私の場合は必要以上にそのことにこだわりがあるように感じた。

例えば、2010年のインド旅行でも、別に時間は無限にあったわけなので、あとはお金だけの問題を考えれば良いはずなのに、どこか自分の計画を第一に優先していいる気がした。

”自分のやりたいこと”を優先せずに、第一に計画通りにいっているのかという、事前の計画を優先している。だから、今後はそれを意識していくだけで、人生がより良い方向、自分が望む方向にいきやすくなるんじゃないかなと思う。

 1事前の計画

 1やりたいこと
 2お金や時間  2お金や時間
 3やりたいこと 3 事前の計画

優先順位を、こんな感じで変えていくことを意識するだけで、ずいぶんちがってくるのではないか。自分が真面目過ぎたといえばそれまでで、それが自分らしさであるともいえるんだけど、こういう意識を持つだけでも大きなことだ。

ネットで拾った言葉に、

悩まない

やりたいと思ったら

出来るかできないか

考えずにやる

そんでやると大抵できる

っていう興味深い言葉があったけど、

自分もまずは、やりたいと思ったら、どんどん予定や計画を変更していくということを、まずは意識してみようと思う。