無職が叫びたがってるんだ。

スポンサーリンク[広告]


人生が壊れていく無職

どーしてこ~なった

スポンサーリンク[広告]



ブログ設定で失敗

僕はもう終わりです、パーマリンク設定(トップページ以外のアドレス)を変えたら訪問者が半分以下に、、、検索からはゼロに、しかし、今のままでは問題があった。

もっと立ち上げ時に考えとくべきだったんだ、また一から出直します。

死にたいですうぃ~

それでもブログは辞めない

それでも無職のうちはブログは辞めないと思う、もう生活の一部になっているから。

でも地球が太陽に依存しているように、ブログ無職に依存している。無職でなくなったとたん、ただ死にたいだけの毎日に体を使われ、ブログなんてものは遠いところに追いやられてしまうだろう。

タロットなどに救いを求めているが

自分を知らないせいで、過去に色々な選択ミスをしたんじゃないのかというのはよく考える。どーせ自分の選択が信じられないのなら占の偶発性に頼ったりするのも悪くないと思ったりしたわけだけど、そもそもどんな道に行っても、自分の継続できないというスペックが問題なんじゃないのか。

ケケケケケケッ・・・・・

本当に継続できないのか

仕事においては継続できないというのはハッキリしているけど、全ての面においてそうなのかというのはまた難しい。筋トレや柔軟などはもう20年ぐらい継続しているわけだし、ブログだって普通ならもうやめていると思うんだ。

ほかにも細かいことではかなりしぶとい継続を見せている、人間関係がない、というのが一つのポイントなのかもしれない。

無職が叫びたがってるんだ

ブログでは表現できない

闇の力を開放するうぃ~

自分の闇をブログだけでは全部表現できない、限界を感じている。

『風の谷の無職』辞めることはないだろうけど、このままダラダラ書いても自分は救われないような気がする。

叫びたい

絵や文章じゃ自分の叫びが表現できない。しかし、確実に自分というもののコアが見えてきている気もするんだ、残すことによって、まとめることによって。

なにをどう発信していくのか、場合によっては写真だけとか、そんなこともありだろう。ギターは売ってしまったしな~、できれば20歳ぐらいから記録を残したかった。

新しい地平へ

死にたいんじゃない、生きたいわけでもない、最初から存在したくなかったんだ。

自分が憎らしい、今まではまだあの時の方がって思いもあったけど、現状今が一番厳しくなってきた、本当にどうするんだって真剣に考えても答えが出ない。

疲れた。

もっともっと自由でいい、どうせ上手くは合わせられない、どこかで無理がくるんだから。生きづらさが、おそらく限界点にまで達してしまったんだろう。当然生きなきゃいけないから、なんとか自分を奮い立たせるけど、もうそれも疲れた。

まとめ

向き合うことだ、なるようにしかならない。膿は出し切った方がいいのだ、全部自分のせいだ、全部自分で始末をつける。