日本語講師養成講座(ハロワの職業訓練)の選考を受けることになった。

[スポンサーリンク]
[`evernote` not found]
Pocket

ハロートレーニング、日本語教師養成科

ハローワークに軽い気持ちで、日本語教師関連の講座がないか調べに行ってみた。

すると、なんと明日、日本語教師養成講座の説明会があるということで予約をしていってきてくださいということだったので、早速その場で電話してみた。すると、日程が変わって今日になったというので、早速池袋に行くことにした。例によって、適応できないうぃ~が殺到しているらしく、日程を変えて対応しているということだった。

とりあえず応募の締め切りは9月8日までだったので、日程的にはギリギリ間に合ったのはツイていた。

 

手厚い待遇

いろいろ情報を聞いてみて分かったことが、職業訓練受講給付金というものがあり、交通費とは別に生活費10万円が支給されるという。これは、いわゆる失業給付とは全く別モノであり、失業給付の延長とは関係がないので、給付が終わっていても関係がないという。

  • 金融資産が300万円以下
  • 持ち家ではない
  • 世帯収入、仕送りがない

などが条件であるようだ。

失業給付がなくなっている状態で、交通費すら出ないと考えていたので、もし選考に通れば自己負担なし、生活費なしで貯金を崩さずに日本語教師の必要授業(日本語教師養成講座420時間以上)を修了することができる。

 

倍率

例によって倍率は恐ろしいものがあるとは思う。

今年4月の訓練では、どこの語学学校も10倍を軽く超えていたらしいので、決して低い倍率ではない。そりゃそうだよな、自分が選んだ学校では501時間の授業がタダで受けられるのだ、自費で行けば100万近い費用が掛かる。今は年度末ではないので、少し倍率は下がるかもしれない。

まだ24歳だった時、web総合実践科というのを京都で受講した時、倍率はせいぜい2,3倍だったように記憶している。人数は25人ぐらいだったかな~、教室の席は成績順位で並んでいて、私は4番目だった。

 

学科試験なし

今回は学科試験は全くなくて、面接と作文だけらしい。

説明会では、ヤル気と人間性で選ぶというが、なかなか決め手に欠けて難しいように感じた。

大卒というのが重要な要素らしく、とくに国内では4年制大学を出ていないと厳しい様だ。いまさらになって大学を出ていることに感謝したが、欲をいえば修士や博士などの院卒だと、比較的容易に外国の大学の講師になれるらしい。

しかし、たとえ院卒でなくても、中高の教員免許と実務経験もあるので、それも価値のあることではないだろうか、私が選考に通るとしたらその辺りの評価だろうと思う。あと、説明会を見る限り若い人が少なかったので、若い人が欲しいなら期待が持てるように感じた。

 


ブログを応援したい
or
無職をもっとみたい方
☟☟☟☟☟
にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ

[スポンサーリンク]

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。