うぃ~教典 一章:その1、うぃ~の縁起

[スポンサーリンク]
[`evernote` not found]
Pocket

うぃ~教、教典

第一章、その1

うぃ~という趣向

原本

うぃ~それかわいいものなり。

うぃ~それ気持ち悪いものなり。

うぃ~それ気持ち悪く、なほかわいいものなり。

うぃ~それ、怖いものなり。

うぃ~はよく恐れられ、よく敬われ、よく親しまれる。

また貧しいものなり。

しかし、これ忘れてはならぬ、うぃ~これ変なものなり。

うぃ~これ、あらゆるところに存在する。

しかしうぃ~に気づくものまれなり、うぃ~これ性別に関係なく生ず。

老若男女に関係なく生じ、かつ基本は感受能力によるものである。

うぃ~これなにものにも宿り、かつ醸し出されるものである。

うぃ~を認識する者まれなり、認識するものいてもその能力は微なり。

したがってうぃ~を認識せずに醸すもの、これうぃ~強しと判断す。

しかし、うぃ~ならざるものまた、これうぃ~を含む、また翻ってうぃ~を強く醸すものもあり。

まだ浅きところでうぃ~これ宇宙を掌握せんということもできる。

うぃ~これ女性的であることも多く、また貧しきところによく咲くことあり。

うぃ~を望むもの、これ交わること少なし、そもそもうぃ~これ陽に明るみにするものまれなりて、うぃ~をひそかに楽しむ。

うぃ~世界に影響せんと見えても、これ小さき要素ではない。

うぃ~相反する要素を持つ、貧にしてこれ富む。

うぃ~大地の陰陽とともにわずかに生ずる、これまた少なきものに繋がれて現在に生ず。

力強く発展する物陰にかくれても、うぃ~その全てに生じ、水の様に巡る。

うぃ~は大河の一滴にすぎぬ、しかしこれ全宇宙の理なり。

 

次の項へ

前の項へ

教典目次


ブログを応援したい
or
無職をもっとみたい方
☟☟☟☟☟
にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ

[スポンサーリンク]

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。