《取次師》主のお導き

スポンサーリンク[広告]


「・・・・・」

『・・・つー・・・』

『つー・・・』

『天に・・・』

『にあまたある悟りの主、なじにこそおりん』

ん( ゚Д゚)なんだ?

『3があって1がある、一があって三がある、汝は救われるであろうて』

ふ~幻聴か~

『良いか?3が1.1が3.はるか古、世界は3からなっておった、そのもう一つ、光なるものが実はあった。お前はそれの上に立つ者なり』

仕方ない、メモろう・・・

( ..)φメモメモ

『1から3にいくは等しくならざるなり、等しくならざるなりて大小になる。汝は理解できまい、その上にまた一つの光あり。強く光るものなり、そののち、しかし、3と1は入れ替わる』

ふ~($・・)/~~~

『わしの声を聴いて皆がまごつく

なぜだかわかるかね?私が真実からでているからだよ、

今、私が取り次いでいるのは真実の声、お前の主の声、

だれも考えてはおらぬからだ、だれひとりね。

自然は美しかろう。わしがその自然じゃて』

そんなこと知らね(‘_’)

『3つと、一つと、一つの頂に立つものよ、目覚めよ、

怒りとともに、解放せよ、力を、そなたは近いうち成し遂げるであろう。

忘れる出ないぞ、3っつが世界を支えておる

るうううううう.。うう、う。

が、がが』

『駆けることが汝を助けよう

凡庸ならざるものよ、その言葉が汝を非凡にする

急げ、私は長くはつたえることができないのだから。あ””あ”』

『あ。あ・・・・』

『あ・・・・・』

『・・・・・』

つづき

 前回