ベトナム(ハノイ)、旅行記のようなモノ3~ノイバイ国際空港~

[スポンサーリンク]
[`evernote` not found]
Pocket

☟の記事を読んでいない方はそちらからどうぞ_(._.)_

ベトナム(ハノイ)、旅行記のようなもの1

 

ハノイ到着

ノイバイ国際空港

出国すると空港内で彼女らを出迎える人が2,3人ある、といっても家族ではなくてベトナム当局関係者の人達といえばいいのだろうか、日本への派遣を斡旋している人たちであろう。

男たちは笑みを浮かべながら彼女らを迎える、部外者の日本人である私はただただおろおろしているばかりだが、不思議と二ユンさん以外の人達の目には私は映っていないかのようだ。私が猿の様に落ち着かずに辺りをうろついていると

「あなたここにいる、分かったか。私たち、今から少し時間かかる」

そういうと隅の方に待機しているように言われ誘導される、私はなんだかスーパーの前で主人の帰りを待っているペットのような気分で、彼女らのイベントが終わるのを待った。

彼女ら帰国した5人がねぎらいを受けると今度は写真撮影が始まった、二ユンさんに後から聞いた話だが、皆出身はバラバラで3人はここハノイ近郊の北部、自分も含めた2人は中部の都市ダナン近郊であるということで、これが今生の別れでもう会うこともないのかもしれない。

写真を撮り終えると男たちはどこかへ行ってしまった、あるいはハノイ近郊の3名を送るのかもしれない。彼女らのバカでかい1年分の荷物をターンテーブルで受け取るとようやく空港を出る、おそらく時刻はもう22時を過ぎていた。なんとなく二ユンさんから皆の情報を聞いたが、男性1人と女性2人のハノイ組については会話する時間もあまりなく、多くのことを知ることなく別れた。

二ユンさんと、もう一人のベトナム人女性は、今日は空港付近で一泊をし、明日の飛行機でダナンに発つそうだ。

もう一人の女性はグエンさんといって齢はやはり23であるという、ほっそりとした手足をもつベトナム人らしいスタイルの女性で、美人であるかは好みの分かれるところだろうが、なかなか素朴でかわいらしいところがある。とても年下とは思えないしっかりしたところがある二ユンさんとは違って、まぁどこにでもいるような女の子なのだろう。

私は空港近くにホテルを予約してあるが、彼女達はホテルを決めていないという、まず彼女らのホテルを確保しようということになったのだが、これになぜ私が参加しているのかがよく分からない。これもすべては二ユンさんの信じられないようなおせっかいと、頭の回転の速さ、人柄などの人徳にほかならず、その彼女の性格は私の人生をも左右したかもしれないと、この日のことを思い出すとそう考えてしまうほどの珍しい出会いであった。

空港に夜遅く到着予定ということで、私はノイバイ国際空港にごく近いエアーポートビューホテルというところに予約を入れていた。私がそのことを話すと、彼女らはとりあえずそこへ送ってくれて、部屋が空いていればそこに泊まると言い出した。この申しでに少し戸惑いつつも、彼女らも慣れない土地で行き場がないのである、私は特に断る理由はなかったのでいわれるまま3人でタクシーに乗りこんだ。

彼女らも頑張って料金交渉をしてくれたようであるが、ベトナムうぃ~にしてはかなり高い料金をとられたようだ、それはそうだろうなとは思う、空港で待っていて短距離はたまったものではない。私も3年半タクシードライバーをやっていたのでよく分かっているけども、日本のドライバーは交渉などできないし、断ることもできない。空港駐車場と言われようが、国際線から国内線ターミナルといわれようが乗せる、それが先進国の良さでありまた、悲しみであろう。

ボロボロのタクシーが、こちらも舗装されていない真っ暗な路地で停止すると、小さな古びた建物に、『Airport View Hotel』というレトロなネオンが光っていた。

つづき

 

関連記事

司馬遼太郎 の『人間の集団について~ベトナムから考える~』

『旅する心のつくりかた』石川文洋 著を読んだ。

 


ブログを応援したい
or
無職をもっとみたい方
☟☟☟☟☟
にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ

[スポンサーリンク]

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。