うぃ~教典 一章:その4、大陸での発生

[スポンサーリンク]
[`evernote` not found]
Pocket

うぃ~教、教典

一章その4

大陸での発生

原本

創始者うぃ~を知らず、大陸に導かれ、その首都を目指す。

首都で各々の漢に刺激を受けつつも、いまだ明確な旅の目的はなく、旅人これ漢の助言のままに動き、自らの目的を知らず。

お互いの理解が深まりて首都を出ることにするも、時満ちて創始者ついにうぃ~の導きを感受し、天の声を聴き表す。

その天の声、フフホトという音をあらわすにつき、これ中国内モンゴルの省都である呼和浩特であると断定し、そこに進むを決める。

思い返すごとにその天の声、創始者達を導くものにつき、そのありがたさと畏敬を感じ、創始者と銀月太郎、ことあるごとに思い出す出来事となり、これを北京での助言として語り継くこととなる。

北京の助言、これ創始者のうぃ~の力を示すものとなり、以降これより銀月太郎その発生を期待しつつも、互いにますますうぃ~の力を意識する出来事となりて、これうぃ~史における大きな歴史となった。

大陸の旅、期待するところに必ずしも応えず、大いなるうぃ~のお導きを辿るものとなり、それはやんわりとシルクロードを思考することを感じ、うぃ~を感受することを第一とするも、これうぃ~を簡単に感じるは、後の創始者でも安易なものではなく、迷走することもあり。

呼和浩特、創始者情けない様を呈すなど、これ様々なイベントも生むが、うぃ~の歴史に外れることは好ましいモノではなく、これは排し歴史を包括的に綴る。

道中、うぃ~を感じることはまれで、うぃ~に目覚めつつあった2人には物足りず。

その中、うぃ~なる人物を見つけること比較的容易であり、2人これを腹うぃ~と名付ける、この腹うぃ~が、うぃ~の歴史では例外的なうぃ~の派生形となった。はらうぃ~は首都を中心に幅広く見られたが、うぃ~の思想体系からは偏りが観られ、うぃ~の典型とはいえず、同時によりうぃ~なるものを志す過程で狛犬と出会い、これうぃ~を大きく体系し、思想の礎の一つとなった。

 

次の項へ

前の項へ

教典目次

 


ブログを応援したい
or
無職をもっとみたい方
☟☟☟☟☟
にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ

[スポンサーリンク]

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。