九州の実家から東京、八王子の安アパートに戻りました。

スポンサーリンク[広告]


東京に戻ってきました。

実家で人と話して、色々な人の話をきいて人間としてのズレを確認する

実家に帰ると一人暮らしで引きこもっているのと違って、家族や祖母などの身内や親の知人と会話したり、考えを聞くような場面が多くあるので、自然と自分の生活や性格のズレを修正できるような気がする。

スポンサーリンク[広告]



体調管理の偏り

貧乏無職飯の日々が続いているけど、これも一人暮らしならではの究極の偏りといえると思う。

  • なるべくお金を使わないように
  • 平均1000円以下に抑えよう

などとドンドン考えが偏り、1人暮らしの無職飯は非常に危険だと分かった。

結果的に私の顔はとても見られない程にガリガリになっていたのだが、徐々に痩せていくため自分では気づきにくく、それが普通だと思ってしまっていた。

今後は気をつけたいと思うが、これはなかなか難しいことであると思う、金欠の中ではどうしても無意識に食費を抑え込んでしまうからだ。

私は幸せにはなれない

考えの偏り

私はこのままでは幸せにはなれないと実家で色々な人に接して気がついた。

具体的に他の人と比べるのではなくて、自分の中でまだまだ人間としての器が小さく、人徳が備わっていない。人徳といえば聞こえはいいけど、ケチで器の小さい、幸せにはなれない部類の人間だと気づいたのだ。

実家でとくになにかあったわけではないけど、ただなんとなく日々を生活している人たちを身近に見ていて、いろんな価値観に触れて自分のズレを感じた。

これは厳しくて辛い判断で、おそらくこの年で自分を変えられる確率はゼロに近いはずであるが、この絶望的な判断に寄り添って自分を見つめていきたいと思ったし、とにかくこのままでは幸せにはなれないということが分かったのは収穫と思いたい。

これからの予定とやるべきこと

  • エアーベッドをどうにかする
  • とりあえずハノイ日本語教師の二次面接
  • 東京に研修に来る兄と会う

とりあえずまだ連絡がないけど、6日か7日にハノイ日本語教師の二次面接が入るはずである。ちょうどその頃に、税理士事務所で働いている兄が東京で研修を受けるために滞在するらしく、晩飯でも食って来ようと思っている。

あとエアーベッドが寒すぎるのでなんとかすることと、とりあえず喉風邪を治すこと。

そんなとこですうぃ~。

関連記事

兄が農業で起業するらしい けっこうここ半年ぐらいで急に実家では話題に上っているらしいんですが、兄が農業で起業するらしいんです。 兄は...
飽食の日々 実家で久しぶりの贅沢を満喫しています。 肉、肉、肉の日々 先日家族一族でひさしぶりの食事に、もつ鍋を食べに行きました。...

コメント

  1. 常盤 より:

    個人的に都会よりも、ほどよい田舎感が好きなんで地元を出たことがないんですが、九州が実家だと雪も積もらないだろうし住みやすいイメージがあるんですが、やっぱり都会の方がいいですか?

    • 国矢眼 より:

      どちらかというと都会よりも田舎の方が好きですね、特に東京は美術館などが揃っている以外は嫌いです。
      ただ実家を出て15年以上経ってくると、いまさら九州に戻るというのもなかなか選択肢としては難しいです、つまらないプライドなのかもしれませんね。