日本に居場所はなかった~もう絶対に日本で働きたくない~

スポンサーリンク[広告]


日本うぃ~などに私の居場所はなかった

こんにちは、暇さえあれば☟の動画を観ている国矢眼です。

リアルの自分を知る人ならば、のっけからシンクロニシティが起きてしまうこの動画なのだが、最近こういう偶然の一致というものが本当に良く起きていて、少し驚くぐらいのことは普通に流すようになってしまった・・・。

例えば☟コレ

教師の日と孔子誕生日

つい最近も私の誕生日である9月28日が、中国で教師の日になったという情報をネットで見た。中国では昔の日本の様にまだ教師がとても尊敬を集めており、その日に教師を祝うということで、私はチャイナでダブル祝福を受ける可能性がある。

もともと中国でこの日は、孔子節といって孔子が紀元前の旧暦から治すと現在の9月28日に生まれたという記録から、有名な日であることは知っていた。まぁ~これはプラスの方の一致である。

※孔子のウィキへ

だいぶ話がそれてしまった・・・

この年になって、ようやく自分の能力について分かってきた。

それはほとんどがマイナスの評価についてである。

一貫性がない方向性や興味・・・

集中力のなさや頭の悪さ・・・

人並みだったと思われる、セルフコントロール能力が年齢と共に衰えてきており、ちゃんしっかり生活することが年々難しくなっている。

とくに人間関係においては致命的な問題をいくつか抱えており、それが居場所がつくれなかった大きな要因であるだろうとは思う。そしてそれは👆の動画で登場してくる不器用な人達にも共通している気がする。

たぶん中国に行っても居場所はないだろう

こういうことは悲観的になって望む方が上手くいったりするものだ。あまり楽天的なことを想像しても、それでうまくいったためしがない。

だがそれでも、この意思の弱い私が日本で働きたくないということを貫けたということは大きいことかもしれなかった。とくに金が欲しくなってつい目先の労働に走ってしまう無職期間を、一年以上バイトもせずに過ごしたのは大きな収穫だったのかもしれない。

ブログが居場所になっている

お金欲しさに始めたブログが結局自分の唯一の居場所みたいになっている気がする。

中国語と日本語教授の勉強のために、もう書かないと宣言したブログだけど、結局まだ書いているところをみるとやはり自分にとって不可欠な自己表現の場所になってしまったのだろう。

スポンサーリンク[広告]



好きなコトを好きなように書く

不器用な自分が収益化などができるはずもなく、自分の記事が一般受けするはずもない。でも、誰かに読まれている可能性があるというだけで、自分にはなにかの自己満足を得ることができるのだろうし、もうそれだけでいい気がした。

日記でいいんだと思う

自分のために書くのだから、もう日記でいいんだよなと思う。

その方が、自分を知っている人には楽しめるわけだし、自分が好きで読んでるブログなんてブロガーの体験や日記を書いてるブログしか興味がないわけだし。とりあえずブログの方向性は決まった、異国で仕事も決まった。

だからとりあえずのコンセプトは”日本に居場所がなかった30代無職男が、中国の辺境に移住してフラフラしながら好きなコトを書くブログ”でいいんじゃないのかな?うぃ~。