年末に実家にいるのは2012年以来です。

スポンサーリンク[広告]


年末なので実家もザワザワとしています、一応本家なので年末年始はずっと人が来ますね、お歳暮の品やビールが困るぐらい届いています。

年末年始に実家にいるのはタクシードライバーで東京進出をする前の、2012年以来のことなので、正直どんな感じなのかもうよく覚えていません。だいたい予想していた通り、慌ただしい感じで進んではいます。

昨日は餅つきと兄が揃って家族ですき焼き、今日は別の身内がきておでんと墓参り、明日はまた別の身内と宴会予定のようですね。

一年ぶりの吉祥寺、何百回(数千回?)も並んだタクシー乗り場を合流前に感慨深く撮影。 国矢眼 「課長お話があります」 ...

👆の記事で先輩方にたくさん褒められたので、かなり自信を持って帰省してきたのですが、実家に帰ればただの職を転々とするだけの無職うぃ~に変わりはなくて、結局普通というレールから外れた無職などが自意識を保つのは難しいです。せっかく自分オンリーの世界で構築して持った自信は、またどこかに行ってしまいましたが、また新たにどこかの地で自信を構築していこうと思います。

来年の課題

来年は

「辞めることは悪くない、転々とすることがむしろ自分の強みである」

という34年かかって構築した言葉を信じて、感覚をたよりにやっていけるかが一つの課題だと思います。

  • 仕事が続かないダメ人間
  • 普通には生きられなかった

などのネガティブなイメージを考えずに、どれだけ生きていけるのか。それさえできれば、たとえ中国行けなくても上手くいく、そんな気がしてます。

道の思想

尊敬する老子は、タオの思想の中で、生まれたところを離れて幸せはないと説いています。それは現代の先進国が直面する自殺率や、幸福度の低さにも何か通じることはないのか。

そんなことを常々考えているのですが、そんな中でどんどん故郷を離れていく自分自信を整理できないとともに、それしか生きることができない風の谷のユパ様のような自分を憂うのみです。

風の谷の王様

「そろそろ腰を据えんかクニヤメ?わしも助かる」

婆さま

「ハハハハハッ無駄じゃよ・・・うぃ~は探し続けるようさだめられておる」

クニヤメ

「からかってもらっては困りますうぃ~、私は知りたいのです。うぃ~がこのまま無職に没してしまうのかどうかを・・・うぃ~」

姫様

「・・・・・・」

スポンサーリンク[広告]



ばっくれ指数 92

実家飯 日/+2

実家猫 日/+2

吉林師範大学への不安 日/-2

餅美味し。+1

すき焼き美味し。+1

88+4=92