まだ中国行きまで、一月以上の時間があります。

スポンサーリンク[広告]


中国行きまで、まだ一カ月以上時間があります。

中国行きが半月も伸びたせいで、勉強も少し中だるみしてきました。今は中検準4級レベルの学習を終え、同レベルの単語などを完璧にしている段階ですね。このまま中国行きまでは単語などを覚えつつ、その日を迎えるという感じでしょうか。

実家は田舎過ぎるので、交通手段がなくあまり動けないし、移動の自由がききません。ベトナムうぃ~でも行こうかな~と思ったりするのですが、もう全財産100万しかないので厳しいですかね。あんまり日本語教授の勉強をやっても、大学側が連絡とる気がないし、教科書とか教える内容を伝える気もないので、いってみないと分からないと思います。準備しても無駄になる可能性もあるし、まぁ行ってからですね。

台湾とかに中国語学習い行っても良いとは思うのですが、ビザをとってしまったので、どういう制度なのかは分からないですが、一度入るともう3月に二度目の入国ができないので気を付けてくださいと、領事館で言われました。なので中国への偵察や、短期留学は無理ですね。

出家への思い

最近、おばあちゃんがグループホームという介護施設に入ったので、ああいうところでなら働けるのではないかと思ったんですが、くらげネコさんも介護から足を洗われたところを見ると、やはり自分などが働いても死にたくなるだけなんだろうな~とは思って、日本で生きることはいいかげん諦めろと思い直したりしています。

介護分野で就職したことないけど、養護学校で働いたり、教員免許をとるために老人ホーム研修とか、聾学校研修とかに行って、相模原事件とか介護の闇とかのことは、普通の人よりも見てきたとは思います。老人ホームでみたマシーンみたいなのに乗せられて入浴してるシーンなんか、頭から離れないですね。あんなのもう人間扱いじゃないし、あんなところで働いてたら精神おかしくなるとは思います。地獄以外のなにものでもなかったです。

私も40歳までもし生きられたら、それまでに出家の道をもう一度整理して、タイでの出家を考えたいと思います。自分が結婚する可能性などはほとんどないでしょうし、そうだとすると生涯をかけて追及することは感謝や、心を整えることだったりするんだと思うんです。上座部仏教国の国際寺院に出家すれば、時代が変わっても食いっパグレて死ぬことはないでしょうし、社会的な身分も保証されるでしょう。そう考えると、やはり現地語か英語が必要になってくるので、やはり英語の勉強や短期留学は落ち着いたらやっていきたいとは思っています。

もちろんふつ~に働ければなにも問題ないのですが、それができないうぃ~なる自分なので、いろいろと考えています。まぁそれまでに何か見つかればそれもまたよしで、出家にこだわるわけではないですが、海外に活路を求めていることは変わらず、40歳までは探しあがき続けたいとは思っています。

スポンサーリンク[広告]



ばっくれ指数 248

実家飯 日/+2

実家猫 日/+2

見えないストレス調整 -10

254-6=248

なんだかんだいって、とりあえず道があることが救いかもしれません。