期間工・派遣工経験禄その4.本田技研(浜松製作所)

[スポンサーリンク]
[`evernote` not found]
Pocket

HONDA

期間工・派遣工経験禄その4.本田技研(浜松製作所)

背景

一年以上日雇いで働いたお金を、デイトレで溶かしてしまった。まとまった100万以上の資金を貯める目的と、日雇いに精神的にも疲れていたので本田期間工に応募してみた。初めての期間工、初めての寮生活であった。

環境(寮) ☆☆☆

典型的な工場地帯ではなく生活費やすい。下請け企業が多くみられるが、ドラッグストアやパチンコ店なども多く生活に困ることはない。工場内は配属にもよるが、なかなか古いが自動車工場では仕方ないことであろう。寮は現在でも、おそらく高丘寮に入寮となるのではないか。近くには入寮者ご用達のレンタルビデオ屋があって便利だし、自転車がなくても半年ぐらいなら普通に生活できるはずだ。欠点は壁が薄いことと、電気代のみ実費なことだが、風呂は快適でサウナもあり、洗濯機は無料で使えるので評価は別れるところだろう。

 

社員: ☆☆

いわゆる車体ではなく、部品工場の部類となるのでそんなに厳しい要求はされないが、それだけに人格的に問題がある社員、仕事をしない社員でも多くが残存している傾向がある。癖のある社員の緩衝材として期間工を使っている印象もうけるため、運に左右されるが尊敬できないような人が多い印象はうける。

 

厳しさ:☆☆☆

本田は、もっとも期間工に優しいといわれる自動車メーカーだけあって、人間扱いされないということはまずないだろう。とくに過剰なノルマを課せられることは少ないはずだ。車体を扱わないことも大きいし、配属次第では天国もあり得る。

食堂: ☆☆☆☆☆

食堂事情は、全国の非正規工場の中でトップだろう。値段も質も悪くはないし、なにより1~2食をタダで食べ得られるのが大きい。寮食も食べれば、食費を月1万円に抑えるのは難しくないはずだ。

 

選考: ☆☆☆☆☆

まともに動けそうにない人まで採用される懐の深さがある。時代が変わっても、個性を総動員して生き残ろうとする精神、企業風土さえ感じさせる。

 

待遇: ☆☆☆☆

2012年当時、日給は9600円でなかったかと記憶しているが、そもそもの日給の高さに、食事代を含めれば他の追随を許さない。一時金は高いほどではないが、除外する対象までにはならない。トヨタ、日産と並んでトップクラスの待遇なのは間違いない。

環境: ☆☆☆

社員: ☆☆

厳しさ:☆☆☆

食堂: ☆☆☆☆☆

選考: ☆☆☆☆☆

待遇: ☆☆☆☆

総合評価 22点(30点満点中)

車体を扱わない、トランスミッション製造工場ということが、良くも悪くもすべてではないか。緩い空気は魅力的だが、変な社員が多く集められている部署がある。全体的には全国でも屈指の優良期間工となれる可能性が高いだろう。

 

現在、浜松製作所は募集していないようだ。


 

※なお、私的な経験のため、配属、時期によって評価は異なります。


ブログを応援したい
or
無職をもっとみたい方
☟☟☟☟☟
にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ

[スポンサーリンク]

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。