死のうが生きようがどうでもいい、特攻隊うぃ~。

スポンサーリンク[広告]


あ~出家して~・・・・うぃ~。

無職出家して~・・・・

無職うぃ~出家して~、っていうか普通に風の谷にいれば良かったかな~うぃ~。

うぃ~教見習い

「教祖様!チャイナうぃ~への出発の準備ととのいました!」

クニヤメ

「えっ?なんで中国なの?タイじゃないの?タイで出家したいんだけど・・・・だからタイの方が良いんだけど、タイ語憶えたいし」

うぃ~教見習い

「なにをおしゃられているのです。教祖様が大陸うぃ~への布教を決意されたのではありませんか・・・・日本語を教えながらうぃ~の思想を大陸全土に導かれるという素晴らしいい志、皆感動・・・・」

クニヤメ

「いや~今考えたらよく分からんな~・・・なんでオレッち中国へいくんだろうか?なんで日本語老子になるんだろうか~?・・・・・うぃ~」

ミカワ老子

「国矢眼よ~~~~よ~くきけ・・・・・・・それでいいんよ」

クニヤメ

「・・・・・・うぃ~」

死にたくはない、しかし未来は描けない

昔みたいに、というか人生のほとんどが死にちゃ~死にちゃ~思ってただけだなのだが、もうほんとにどうでもいいわ。投げやりうぃ~だわ、あとはこのままもっとどうでもよくなって来れば、もっと投げやりなってくれば出家までいけるかもしれんしなうぃ~。頭おかしいわ・・・・うぃ~うぃ~。

特攻隊うぃ~

教祖は頭がおかしいうぃ~なので、もういろいろできない。でもそれでいいんよ、もういいんよ~。陰陽~うぃ、陰陽~うぃ、陰陽~ブイ。

こうなりたいとか、こうありたいとかもうどうでもいいわ。どうせ死ぬ苦しみうぃ~があるだけだ。そして日々をしっかり生きていくということが自分にはできないし、できなかった。だから結局金にも行き詰まるだろうし、行き詰っても人に頼ることができない。

あとはどれくらい感謝の気持ちを持ちながら生きられるか、金を得られなかったものの最後のあがきである。そして、だんだん我執を減らしていって、なんとか出家うぃ~にこぎつけたいと思っている。

まぁあれだ、特攻隊みたいなもんですうぃ~見返りもたいしたことないけど、とりあえず追い詰められたからいっとくか?みたいな・・・・うぃ~。

スポンサーリンク[広告]



ばっくれ指数 265

実家飯 日/+1

実家猫 日/+1

中国語の勉強を、しなければならない苦しみうぃ~ -2

コメント頂く +1

オリンピック楽しい(前日分) +20

244+21=265