ベトナム株配当利回り、コメコ(COM)、2017年~2018年

スポンサーリンク[広告]


コメコ(COM)資材・石油販売

マテリアル・ペトロレウム(Materials – Petroleum Joint Stock Company)は石油・ガス製品のマーケティング及び取引に従事するベトナム系企業。同社は29ヵ所のガソリンスタンドを運営し、石油、ガソリン、精製油、潤滑油及び他の石油化学製品の卸売・小売取引に従事する。同社はまた洗車サービス、及び石油と関連製品向けのタンカートラック輸送サービスと倉庫サービスを提供する。同社はガソリンスタンド及び倉庫の開発・建設に従事する。さらに、賃貸用オフィスビルの開発、自動車修理・メンテナンス業務の提供に手掛ける。平成23年12月期決算期において、同社における99.63%の収益は取引業務から生じられた。平成24年11月16日、同社はホーチミン市タンフー区フータン地区タック・ラム348A号で40号支店の開店を発表した。

※↑SBI証券より

コメコ(COM)配当利回り報告、2017~2018年

無職中のスイング・デイトレ退場ショックで貯金がなくなりかけたため、保有数量は10株しか持っていない。日本円にして2,800円。

再びデイトレを退場します 「無職っ!!生活費はあるんでしょ?!返事をして、無職!」 ...

現在の株価は57,600VND(2018/02/28)

最近の配当は、

  • 2018/02/02 20,000ベトナムドン 入金
  • 2017/12/29 20,000ベトナムドン 入金
  • 2017/09/25 10,000ベトナムドン 入金

合計50,000ドン(日本円で約250円)

である。保有株数が少なすぎて配当金も日本円にして微量ではあるが、今のところ年間に3度支払われている。

年間配当利回り 9%

約250円÷2,800円=約9%となかなか優秀な数字を残しており、これでこそベトナム株である。年に何度配当があるのかははっきりしないが、まだ配当がある可能性もあるし、今のままでも十分である。今後の買い増しも検討したい。

スポンサーリンク[広告]



長期チャートの状況

2018年2月 長期チャートでは下降トレンドを描き始めており、ここで下げ止まれるかが鍵だが、今から少しづつ買っていくのもよさそうだ。

他の銘柄の配当利回り☟

SBI証券の外国株式口座を開いて、ベトナム株を買ってから1年以上になってきた。その間に株のスイングトレード失敗による損切りや、デイトレ退場も...