生徒から、先生はカッコいいと言われるのですが・・・・

スポンサーリンク[広告]


↑中国人生徒は一年生であろうと、教師を初めて食事に誘う時、学食に連れていったりはしない。必ずなにが食べたいか丁寧に聴きながら、学外へ連れ出して自慢のお店に連れていってくれます。この並びの店に入りました、たまたま私が住んでいる留学生寮の前の商店街。

足が臭いんですうぃ~、猛烈に足の裏が臭いうぃ~なんですうぃ~。

手のひらにも汗疹ができているんです、たぶんプレッシャーから猛烈に変な汗をかいているんだと思います。ただでさえ、足の裏に汗をかきやすいのに、今は革靴で立ちっぱだし、寮の中でも靴ですから。でもこれは、タクシードライバーうぃ~で24時間拘束の時よりはマシですけどね・・・あの時は足の裏にも汗疹ができました。。。

今日は一年生と食事に行きました。

今日は一年生が休憩時間に訪ねてきて、うぃ~チャット(中国版line)の番号を教えてくれと言ってきて、交換しました。男の子なんだけど、3年生の教室に突然入ってきて

「先生、今日お昼をご一緒していいですか」

なんていうもんだから、愛の告白みたいに盛り上がってしまいました。しかも、教室の外には「耳をすませば」の屋上のシーンみたいに、クラス全員がいるんですよ、どこまでこいつら純粋なんだと思いました。

それで待ち合わせ場所にいったら、さぞや一年生がたくさんきているのかと思っていたら、彼一人でした💦それでなんとなくホッとはしたんですけどね。食事に誘われるのは良いことです。

それで話していると、というか一年生はまだ1年も勉強していないので通訳アプリとかを使うんですけど、

「先生は私のクラスでとても人気があります」

というようなことを言うわけです、それで私は1年生は週一しか授業がないし、まだ一度しか授業していない、あなたたちにはなにもしていませんというと、

「先生がカッコいいから人気があります」

と言う。

???

出ました、ここ2,3年で一番謎の言葉です。自分にあったことがある人なら分かると思うけど、決してかっこよくはない。身長は174センチだけど、顔は良くない。自慢じゃないけど、ベトナムでは皆にカッコいいと言われました、それはベトナムなどの東南アジアでは色が白い人がモテるから、顔のつくりはあまり関係ありません。その傾向は、カンボジアでも、タイでも同じだと思います。

けれど、事前情報では中国人は美的センスが日本人と同じだと聞いていました。なので、私の様に日本でキモメンの人間は中国でもキモメンだし、そこは変わらないと思います。中国人は色白だし、過去の旅行でもカッコいいなんて言われたことはないですからね。

おせじが文化みたいなもの

おそらく日本人に対するあこがれから、一種の+補正が自分にかかっているのだろうと予想します。あと半分はお世辞ですね、今日以外でも個人的にはけっこう言われたことがあるし、そういうことを割と自然と言い合う文化があるんだと思います。そういわれると、自分も

「カッコいい」「可愛い」

で返したくなるのもまた人情ですよね。

スポンサーリンク[広告]



ばっくれメーター 272

毎日/授業の準備とプレッシャー。-5

二年生の会話の授業、どう考えてもテキストだけでは時間があまり、途方に暮れている。-20

昼寝で2時間ほどガッツリ寝る。+10

一年生と食事。+10

↑彼の紹介で10人ほどのうぃ~チャット連絡先を交換する。+10

外教会議に参加(すべて英語で一人だけ、日本語⇒中国語⇒英語の通訳2人がつく)

少しだけ、環境と生活に慣れを感じる。+5