ベトナム株配当利回り、KIDOグループ(KDC)、2017年~2018年

スポンサーリンク[広告]


KIDOグループ(KDC)

キド・グループ(Kido Group Corporation)(旧名:Kinh Do Corporation)は食品加工業に従事ベトナムベースの会社である。同社は、クッキー、レイヤーケーキ、クリームケーキ、ウエハース、クラッカー、スナック、キャンディー、月餅、飲料水、ジュース及びアイスクリームなど菓子とノンアルコール飲料の製造、卸売及び小売業に携わる。同社はまた、生地のの貿易に従事する。そのほか、同社は、商業構造の開発プロジェクトを含む不動産事業に従事する。同社は四つの子会社と三つの関連会社を有する。

※↑SBI証券より

KIDOグループ(KDC)配当利回り報告、2017~2018年

保有株数は210株。日本円にして41,000円。

現在の株価は45,172VND(2018/04/11)

最近の配当は、

  • 2017/08/08 336,000ベトナムドン 入金

合計336,000ドン(日本円で約1,680円)

である。年間一度の配当のみのようである。

年間配当利回り 4%

約1,680円÷41,000円=約4%ベトナム株としては厳しい数字ではある。しかしこの数字も少し過去のベトナム株からとみるのが適当で、現在ではごく普通か、もしくは高配当の部類に入ってくるのかもしれない。ベトナム株を本当に仕込むべきタイミングは、もう少し遅いか、あるいは世界的な景気低迷を待ってから大量に仕込むのを狙っていくタイミングなのかしれない。いずれにしろ、貧乏人には縁がない話ではある。

スポンサーリンク[広告]



長期チャートの状況

2018年4月 現在、長期チャートでは

  • 上昇トレンドが崩れるのか
  • このまま維持して上を目指すか

というトレンドを探っている段階ではなかろうか。もっともこの悪くはない配当額ではあるし、食品銘柄と言うことで、幾分安心感はある銘柄のため、静観するつもりではいる。今後の、配当率の動向に注視したい。

他の銘柄の配当利回り☟

SBI証券の外国株式口座を開いて、ベトナム株を買ってから1年以上になってきた。その間に株のスイングトレード失敗による損切りや、デイトレ退場も...