中国の鉄道風景。

スポンサーリンク[広告]


「中国へ行ったからってあいつらみたいな中で、まともな日本人なんてやれないからね~はるかに厳しい世界で生きてるから~」

中国へ行くと話すと、いろんな人にそんなことを言われた。

それはそうなのかもしれない、現実に中国人の会話に圧倒されてしまうことも多いし、なにより彼らが持つエネルギーは大きい。

しかし、大陸中国に魅せられた人間からしてみると、そんなことは気にならないし、今ありありとひとつの想いにぶち当たる。

それは私が日本のほうが到底理解できずに、はるかに適応しづらいという事実である。しかし、そんな私の想いをよそに、私の体には日本人の血が流れ、中国人の真摯なふるまいを見るたびに自分が情けなくなる。中国人の良さを知るには、個人旅行をして、自ら電車の切符を買いながら、タクシーを拾いながら、知るしか方法がないように思う。この四平の教育という壁に囲まれた場所では、私も時々中国人の良さを忘れそうになることがあるのだ。

金がすべてではない、中国人と接しているとそんなことをつくづく感じることができる。皆が権利を必要以上に主張しない、日本のように金を持っていないと人から親切を絶対に得られないというわけではない。

現に、電車で四平に戻る時、私の指定席を占領していたおばあさんを起こして隣の席に追いやったのだが、その後にきた隣の席の指定席を持っていた若者は、無座の権利しかもたないおばあさんに権利を主張することはなかった。彼はお婆さんに席を譲った、すると向かいの席にいた若者が、今度は彼に席を譲って立ち去った。彼にもあてがあるわけもない、ほどなく戻ると今度は窓際にいた女性が

「あなたは疲れたろう」

といって若者と席を変わった。そんな光景が永遠と続いたが、結局誰も寝たふりをするお婆さんにたいして、老人にたいしてのいたわりからか、権利を主張することはなかった。そして、助け合いながら、ほとんどの人が自分の指定席に座れてはいないが、誰も騒ぎ始める人はおらず、唯一騒ぐ姿を観たのは自分自身の姿である。

誰もがこの電車に満足感を得ることはないのかもしれない、だから当然環境を変えたからと言って無理なコトの方が多いだろう。大陸で不安に包まれながら、私は今必死にこの席に座り続ける権利を得ることができたのかもしれない。

コメント

  1. すぶたパスタだったのね より:

    初めての中国は牡丹江へ
    大連に到着も牡丹江行きは欠航。
    その日に牡丹江に到着して両替するつもりでしたので日本円しか持っていません。
    なんとかならないかウロウロしてるうちに外は暗くなってきました。

    そんな私に近付いて来た1人の若い中国人女性。
    「あなたは今、中国人より困っているでしょう 日本人だから。取り敢えずハルピン駅まで一緒に行きましょう 交通費食費は私が払います」
    もちろん1度は断りましたが、結局ご一緒する事になりました。
    もしかしてお金持ち?
    「私がお金持ちなら、どうして主人と子供を残して日本で働くの?と笑われました」
    無事到着したハルピン駅 せめてもの気持ちと複数枚差し出した諭吉を笑顔で受け取らず、その笑顔のまま手を振り人混みの中に消えて行ったあの女性の親切は一生忘れられません。

    • 国矢眼 より:

      中国人の若い女性は本当に優しいと思います。中国人全体に言えることなのですが、周りの目が合って何かをしているわけではない。自分が助けたいのなら助ける、助けられた人にずうずうしいと思われようと助けるという精神がある気がします。
      日本人の様に、若い女性ならオドオドしてなにもしないのが正解というような暗黙の了解がないので、初対面でも色々な幅があると思います。中国人はなにかを期待しているわけではないから、お礼は受け取らないのかもしれませんね。素晴らしいエピソードをありがとうございました。