大連の大学の日本語教師を検討中。

スポンサーリンク[広告]


なんとか生きてますうぃ

なんとか生きてますうぃ、しかし既に、なんとかという言葉を使いたくなってしまう、そんな時分にいるということですうぃ~。

本当に久しぶりの更新なので、全くなにを書いていいのか分からなくなってます、だから支離滅裂な文章となるかもしれません。お許しください。っていうか、もう誰も見てないでしょうけどね、ツイッターで交流がある人くらいでしょうか。。

カレンダーの日付を消す日々

カレンダーの日付を消すようになったら、それはもうかなり慢性的に厳しい状況にいるということなのかもしれません。なんとなく生き急ぐというか、日々に楽しみが見つけられていないという証拠だと思います。

そんな行動に追い打ちをかけるように、貧困&底辺動画なんかを見たりして過ごしています。傾向的にはだいぶきてると思いますね。主に、以前友人とワイワイやりながらみたドキュメンタリー系ですね。

↓この動画が一番好きです。成長とラストの涙と名作です。

スポンサーリンク[広告]



大都市への想いを馳せる

来年の三月には、いちおう中国の大学で経験者とみなされる満二年となるので。別の大学への転職を真剣に考えるようになりました。今一番考えているのは、大連の大学ですね。地元の北九州空港から唯一中国行きの直行便が最近できたという話を聞いて、それが大連だったので、少しずつ情報をとり始めて、口コミでも悪くない印象だったので検討しています。もし駄目だったら、大学が多くて環境もいい、漢民族文化も味わえる江蘇省に行きたいです。

でもそのことを考えると、だんだん授業に対するモチベーションも上がりにくくはなってますね。でも、そこは自分のために真面目に精一杯やってるし、またできるので、やっぱり天職に近いものがあるなとは思います。まだまだ二年目で新鮮な感じがあるのかもしれませんので、どこまで行けるかは分かりませんが、これより向いている仕事を探すことは、今の時点で困難だと思います。

  • コミュニケーション能力がない
  • 口下手
  • 積極性がない

こんな三拍子そろった男が、良くしゃべる積極性がなにより大事と言われる外国人教師で、全く石化するということを経験しないで(最初の一週間はした)授業をやり続けることができるというのは、もう相当な因果律を超越しているということで、ある種の奇跡に近いモノはあると思います。

後悔先に立たず

去年の今頃は飛ぶ鳥を落とす勢いで、日本人会を自ら北朝鮮のように脱退。それでも人脈にも困らず、中国語を使う機会は多く、中国語能力も半年で飛躍的に伸びました。ああ!!今そこから停止中。。。

とにかく一年前に戻りたい、本当に愚かな失敗をたくさんしましたね・・・そんなことがなかったら楽しく四平でやれたかもしれないという失敗がたくさんあります。

今はまた心機一転、新しい土地に向けて、夢を見ている段階です。まぁ経験者となるということで、悪くないタイミングではあると思うし、頑張ったとは思うのですが、不器用な自分に納得はできません。

すでにこのブログも、色々な人が見ていると思うので、なかなか自分をさらけ出すことが難しいですが、色々と後悔していることが多いです。

近況はそんな感じかな・・・・。

契約期間はまだ大半を残すとはいえ、実は期末テスト作成を全て終わらせて、来期は前期にあたるので、テストは一つということが経験から分かっていて、もう気分的には半分は終えた感じです。とにかく3,4月までで一年の半分が終わりという印象です。だから、あとは瞑想と中国語の勉強をしながら、まぁなんとか頑張る、そんな日々かなと思います。