銀川市、北方民族大学へ

スポンサーリンク[広告]


難航した転職活動

転職活動は難航しました。

中国人の彼女と完全にお別れしたのが10月半ばごろ、それまではなんだかんだいって、北京で仕事を探して一緒に住むというノリでしたので、斡旋業者へは北京転職を全面に主張しており、最悪の場合はどこでもいいので河北省の大学とタカをくくっていたのですが、急転直下、突然フラれてしばらくぼ~っと回復の時間を過ごして、さぁ動き出すかと思ったときには既に時遅し、あれだけ早くから始めろと知人からアドバイスされていたにも関わらず、見事にタイミングを逸していました。

今回の転職活動で応募した大学一覧

スポンサーリンク[広告]



大連海洋大学

国立。偏差値高。

一番最初に応募、面接してもらえず。相手にされなかった。最初から厳しさを知る。もしかしたら自分の思う通りにはいかないのかもしれないと、うっすらと感じ取る。

大連交通大学

国立。偏差値高い。

面接にすすむ。すんなりと合格。しかし、大学レベルが現在の私立と変わらないために直接の見学を断った。少し希望が見えるも、なにか腑に落ちない。国立なのにこのレベルの低さはなんなのだろうか。(レベルは日本語能力試験に通過した学生の人数を教えてもらい、3年生のだいたいのレベルを判断。)

常州大学

国立。偏差値高い。

大学ランキングでも100番代に名を連ねる大学。日本語レベルは相当高く、ここに行ければベストだったかもしれない。しかし、街の規模としては銀川市の方が上か。トータルで見れば待遇など見る影もなくこちらが↑。

大連民族大学

国立。偏差値高い。

民族大学の中では、中央民族大学に次ぐレベル。他の民族大学とは偏差値が全然違う。履歴書を送るが相手にされない。しかし、一応丁寧な返事がきて、ここで民族大学や国立大学のイメージは上がる。

蘇州科技大学

国立。偏差値高い。

ここもなかなかのレベル。江蘇省の大学はどこもレベルが高いが、ここは常州大学にはない国家重点研究室も備えていたため、国の費用は多そうだった。

中南財経政法大学

国立。211国家重点大学。

大学ランキングはたぶん60番ぐらいで、日本でいえばおそらく北海道大学とか、九州大学とか名古屋大学とかその辺り。今回受けた大学の中では唯一の国家重点大学。三峡ダムの関係でビビッていたが、もし上がればと思って応募するも、なんの返事もなかった。書類選考通過者以外は返事をしないとあったので、特に不満はない。応募したというだけで話のネタにはなる。

嘉興学院

公立?偏差値高い。

偏差値は200番代でかなり高い。学院と名の付く大学ではトップクラスではないだろうか。日本の大学でいえば20番代のレベルに相当するということになるだろうか、正直ランキングに出てきた時は驚いた。

最後まで1枠を争って面接、その後の保留と長期間待ってようやく不合格の通知が来た。大連が第一希望だったが、日本人外教が4人という環境もあって、今回の求人の中では、総合的に一番良い大学だっと思う。

合肥学院

公立?偏差値不明。(悪くはなさそうだった)

北方民族大学に行く決意をしたその日にメール返信があったので、驚いたが丁寧にお断りした。早速面接という文言などがあれば応じたが、しばらく待ってくれというような内容であった。月給9000元×12カ月は魅力的だった。

北方民族大学

国立。偏差値まあまあ。

結局この大学に行くことになった。大学ランキングは400番代。

母と電話しているときに、なんとなく求人を探しながらスカイプをしていた。かなり行きづまっている時だったので、なぜか私は通話を終了してからすぐに履歴書を送っていた。

やはり銀川市に2009年に旅行で訪れていたことが大きかったのだろう。しかし月給5000元の10カ月分である、これ以上ないほどの底辺である。まさか今の5,500元の給料を下がって来るとは。。

しかし、民族大学へのいいイメージもあり応募だけでもと思っての応募だったのだろうか、思い出せば合格するとは思っていなかった。

しかし翌日の午前中に結果がきて、私は面接もないまま合格し、資料が送られてきた。私はとりあえずまだ第一希望の結果が来てないからと三日ほど待ってもらって、嘉興学院の結果を聞いてから、北方民族大学に行くことを決意した。

まとめ

今回の転職活動はやはり上手くいったとはいいがたい、中国の日本語教師の方には、くれぐれも半年前から、しっかりと転職活動に臨んで欲しいし、次回のチャンスでは自分もそうするつもりだ。

しかし、元々は大連希望が、上海周辺に妥協して考えるようになって、武漢、合肥と広げていって、まぁ西安でもいいかなとかおもっていたけど、まさか銀川とは、また銀川の地を踏むとは思っても見なかった。

約11年ぶりになるだろうか。当時は不安障害を引きずって、抗鬱剤を飲みながらの旅だったと記憶しているが、いつからだろうか?完全に不安障害を脱したのは?中国で教師をする前はまだ症状があったと思ったが、もう病気だったことすら忘れている日々だ。

とりあえずまた銀川で、良い風が吹くことを願っている。いよいよナウシカの世界になってきたなと思う今日である。

転職地では授業が5コマしかないので、毎日更新をする予定(齢をとった、二年前にはできなかったが上手くやれそうである、でも結局書かないかもしれないが)だが、このブログを引き継ぐか、新しいブログを作るのかなどについて、まだハッキリしない。

コメント

  1. いつも楽しみに見ております より:

    最近更新が少なくて寂しいですが、毎回更新を楽しみに見させて頂いております(昔一度書き込ませてもらいました)。私自身も中国に住んでいまして、非常勤講師ではありますが、この4年ほど中国の大学に教えに行ったりもしています。
    私が中国の大学に関わり思うことは、中国の大学は未だに日本ほど成熟しておらず、学生も多いが、大学も多くが発展途上だという事です。大学にも運営があり、一つの企業的なものとして考えるのであれば中国の教員の給料は日本に比べて非常に安い(学費も安いが)ですが、裏を返すと大学から見て教員一人当たりの負担が非常に軽いというとこです。大学の負担が少ないので、大学の雇用も厳しくないと思います(コネがある)。
    銀川は行ったことがないのでわかりませんが、次職を探されるときに出来ることな大学のランキングを気になさらずに、大きめの街に行かれるとこも一つの方法だと思います。そして(ご自身はあまり得意ではなさそうですが)そこでの繋がりからその街の他の大学に異動することも考えてみてください。日本語を母語しているだけで、中国ではニーズは沢山あると思いますよ。ただ中国という国は、如何せん人口が多いので、正攻法で行くと全ても人が落とされてしまします。それだとあまりにも勿体ないと思います。
    乱文で失礼しました。更新楽しみにしております。

    • 国矢眼 より:

      毎度お世話になっております。
      アドバイスありがとうございました。
      私もせめて省都、それが叶わないならば地下鉄のある場所へ転職したいというのが、今の四平の環境から考えて最大のステップアップと考えて、就職活動にあたってきました。
      就職活動を通して、やはり自分は大学の優劣は関係なく、少しでも日本語能力レベルが高いところを目指していることに気づいて、そのことを優先して活動しました。結果的に省都の銀川へ行くことになったことは評価できるのかもしれませんが、やはり希望は沿岸部の都市でしたので、この辺りは不満な部分が大きく残る印象となった原因かもしれません。
      現在は北方民族大学に通いながら寧夏大学へ語学留学したいという夢もできました。幸い来期は週に5回しか授業がないそうで、見方によってはラッキーだったかもしれません。銀川に行って今の自習時間を全て学校での授業時間に当てられればなぁと思っております。
      自分自身のボランティア思考の高まりもあって、今はこの僻地で良かったかもしれない、そして生活を楽しむというよりは学ぶ生徒の役に立つために精一杯やろうと思っています。まだ先のことは分かりませんが、私は人の役に立つために60歳までずっと中国の僻地の日本人が行きたがらないような場所に、生の日本語を届けるのもいいかもしれないと思い始めました。どうせ日本語は専門外ですが、でも熱意だけは自信を持っています。
      私は、ご指摘いただいたコネなどの視点は全く持ち合わせておりませんでした、次の就活の際にはぜひ参考にさせていただきたいと思います。