今日も喜びを求めて

命が、生命が 心を突き刺して

だれも説いてはいけない 涙すること

守られること したいように 命の大切さを

やさしさを とりわけ平和だけは語らないで

守るべきものが壊れていく 壊されていく

説いてはいけない 報道してもいけない

固く口を閉ざしてほしい

かつて 遠い昔 托鉢に並んだ私は今も雨の中に答えを待つ

心震わせるものがないんじゃない

喜びがないのだ

悲しみと 美しさだけが世界をおおっていき

それはあの頃となにも変わらない

今も求める場所行けば 私が托鉢の列に並んでいよう

命はただ美しさを称えて なにも語らず

誰も悲しまなくても 誰も助けなくとも

数えきれない命が 今日も喜びを求めて

ありがとうございました。

お読みいただきありがとうございました。

プロフィ-ル

書いてる人
国矢眼 介(くにやめ かい)
☞詳細なプロフィール
☞私の考え・思想

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告

広告