中国のカラオケに行く、怒涛のスケジュールの土曜日。

スポンサーリンク[広告]


中国語を教えてもらう⇒昼飯⇒カラオケ⇒夕食

3年生の男の子から寮で中国語を習ってから、女の子と合流して、そのまま昼ご飯⇒カラオケと行ってきました。

↑映画館併設のカラオケにあった、いかにもLINEキャラのパクリの巨大ぬいぐるみ。

その後、今から1年生との夕食を控えて体を休めております。3年生も参加したいというので、1年生に確認したところ、3年生も参加することになったようです。

3年生は

「先生が日本人だから人気がありまぁす」

という風な少しドライな見方をしているのですが、1年生からのクニヤメフィーバーは続いており、断る時断らないと、スマホで

「先生と毎日昼ご飯を食べる。いいですか?」

という画面を見せられたりします。そのたびに

「ふ~やれやれうぃ~、ちみちみ、ちみね。先生は君一人の物じゃないんだから、少し控えるということを勉強しなさいようぃ~」

などといって、

「じゃ君と毎週水曜日だけ食べよう。」

などというと、相手はもう嬉しさ隠せずに飛ぶように駆けていきます。

あ~人気者がこんなに辛かったとは、34年生きてきて初めて知りました。

私の幸せはお金ではなかったのかもしれない

他人から必要とされる、そのことがこんなに幸せだったとは、考えてもいませんでした。私はずっとすべてはお金で買えると思っていたし、幸せもそうだと思っていました。

四平市にきてすぐ、授業の準備のあまりに大変さに、どやってバックレようかと考え始めていました。それは、10万円に満たないような薄給でこんなこと続けてられないと思ったからです。それは、それまでの自分の価値観からすれば当然のことで、タクシーぐらい大変なのにどうして35万もらえないのだ!と思ってしまったのです。

結果的には、これがもし国内の仕事であればすぐにバックレていいただろうと思います、しかし中国ということで、バックレるにはあまりにもリスクが伴いました。それで、私はなんとか一週間を踏みとどまり、二週間目に移行することができました。メンタルの弱い私ですから、今後も油断はできないと思っているし、とても不安的な時期も迎えるでしょう。しかし、自分の幸せがお金では買えないものなのかもしれない、他人から必要とされることなのかもしれないと思えたのは、二週間の大きな収穫でした。

私は四平市というところがだんだん好きになってきました、そして生徒のことが大好きです。

スポンサーリンク[広告]



ばっくれメーター 292

毎日/授業の準備とプレッシャー。-5

生徒から中国語を習う。+5

けっこう体がしんどい、寝れる時に寝ないといつか倒れると思う。-5

カラオケで歌える日本語の曲が少なく逆に疲れる -10

しかし生徒が本当に嬉しそうで良かった +10

コメント

  1. 匿名 より:

    学生を妊娠させて、ばっくれというオチに期待してます(笑)!!!!

    • 国矢眼 より:

      匿名さん、ありがとうございます。
      そこまで行けば大したものだと思いますが、残念ながらそれはないと思います。34年間モテなかったし、私はイケメンではありませんかから。

  2. まるでジャニーズのようですね(笑)。私は今週何も予定がありませんので、とても羨ましいかぎりです。中国の学生はみんな小学生みたいで、とても可愛いですよね。ませていないと言いますか。一度、中国の大学で教職に就くと、他の仕事はもう付けないと思いますね(笑)。それだけ、毎日が充実して、楽しいですので。職場には嫌な上司とかめんどくさい人間関係とかはありませんし。やはり、若い子に囲まれて、毎日、過ごせるのはとても素晴らしいことだと思いますね。毎日、若者からパワーをもらえますので。見た目は老けても、心はいつまでも老けないと言いますか。ぜひ体にお気を付けください。日本語教師は体が資本ですから。

    • 国矢眼 より:

      いろはにほへと様、コメントありがとうございます!
      私が教師として、なにか生徒を引き付けるものがあるのだとしたら、それはとても嬉しく思います。
      今日、中国語を教えてもらっている生徒から、「先生が来てからの二週間で、会話力が飛躍的に伸びた」と言われました、1人でも多くの生徒に自分の日本語が届いて、このように思ってもらえれば、これに勝る喜びはありません。新しい夢ができました、ほとんど日本語できない1年生たちと、いつかの日か、日本語でコミュニケーションしてみたいと思っています。
      本当におっしゃる通りで、皆いい先生ばかりで親との関係も全くありません、私は本当に幸運だったと思います。生徒も皆が体をいたわってくれますし、健康が自分のこれからの課題だと思って、しっかりと休むときには休もうと思います。長文ありがとうございました。

  3. 銀月太郎 より:

    無事でなにより
    えがったのう
    本当にえがった

    • 国矢眼 より:

      どうせまたなにもかも嫌になって、死にたくなるんだろうなと思って行った四平だったけども、今のところ行き着くまでに問題は多かったけどすべて解決した。今は自分の居場所が作れるかもしれない、そんな気がしてるわ。ちょっと自殺と出家のまえに中国で教師してみるわ!っていうノリだったので、自分の中では奇跡に近いわ。