財布に残った異国の紙幣。

スポンサーリンク[広告]


財布に、旅した異国の通貨がたくさん入っている。

アメリカドルだけは、行ってないのに不測の事態に対応するために用意しています。

といっても、まだ使ったことはないのですが。

ベトナム旅行時、マカオの空港で使おうと思った時には持ってきていなかったので、ずいぶん困りました。

自動販売機が、アメリカドルしか使えなかったので。

個人旅行にはアメリカドルは、10ドルとかでもいいので持っていたほうがいい無難です。

インドなどでも、アメリカドルだけは使える場面は多いです。

紙幣に描かれた人物について考える

持っている通貨は

  • 日本円
  • アメリカドル
  • 中国元
  • ベトナムドン
  • インドルピー

の5種類、

この中で、日本円とアメリカドル以外の3紙幣すべてで、

同一紙幣に同一人物が描かれている。

スポンサーリンク[広告]



革命家・独立運動家たち

  • 毛沢東(中国元)
  • ホー・チ・ミン(ベトナムドン)
  • マハトマ・ガンディー(インドルピー)

皆さん、それぞれの国が独立するために奮闘した改革者ですね。

それぞれの国で、改革者は絶大な人気を博していました、

中国の毛沢東だえは微妙だとは思いますけど、

ベトナムのホー・チ・ミンと

インドのマハトマ・ガンディーは

絶大な人気で、アンチはほぼゼロといった感じですね。

日本とアメリカは植民地支配されてない

日本とアメリカは、植民地支配をされていないからでしょうか、

特に日本は、学者や文化人が目立ちますね。

アメリカは政治家とか、大統領ですかね。

日本も坂本龍馬とか、吉田松陰にしても良いと思いますが、

なんか福沢諭吉にこだわってますな。

韓国も、たしかバラバラだったように記憶してます。

突然使えなくなったインド紙幣

異なる15種類ものマイナー文字を表記しているインド紙幣。

インド紙幣には、アラビア数字と公用語のヒンディー語を使わない人用に、15種類ものマイナー言語が印刷されています。

たぶんベンガル語ウルドゥー語などの、外国の公用語もあると思いますが、混沌としてます。

日本では、インドルピーは手に入らないということで、旅行帰りに職場のお金コレクターの人に頼まれて、お札を2枚ほどあげたこともあります。文字のところにはえらい感動してました。

そんな話題にことかかないインド紙幣ですが、去年の11月にえらいことをやってくれました。

突然の最高紙幣の無効化

去年の11月8日に首相が突然テレビ演説をして、最高額の1000ルピー札(約1600円)と、500ルピー札(約800円)の使用が、4時間後にできなくなることを宣言しました。

ブラックマネーや税金未払い対策で、国が極秘に準備を進めての強行でした。

現在では違うデザイン(やっぱりガンディーですが)の新紙幣が流通しており、混乱は完全に収束しているようです。

当時の旅人のブログを見ると、

  • 一週間以上も営業停止したお店だらけ
  • 銀行に並ぶ長蛇の列

という状況で、その混乱ぶりがうかがえます。

有名な旅人、蔵前仁一さんのコメントもたまたま発見したんですが、当時ラジャスターン州にいて、まだ地方都市で助かったということでした。

ギリギリ救われた私のルピー

私も最高紙幣を所有しているつもりだったのですが、

財布を見ると見当たりませんでした。

どうやら2016年、バラナシへの旅で使い切っており、100ルピー札までしか残っていませんでした。

けっこう日本で途方に暮れている旅人がいるみたいですが、

5000円以上とかになると結構いたいですよね。