実家に帰省しております。

スポンサーリンク[広告]


ただの日記です。

なにもする気が起きない

なにもヤル気が起きないでいます、大学で関西に出てから福岡県の実家とはずいぶん距離があったので、頻繁に帰れるわけではないので、どうしても帰省すると休憩モードになってしまいます。

あまり書けない

ブログも書く気がおきないけど、そもそもネットを触る気もあまり起きない。契約しているwifiも格安simも電波が使えないので諦めていたけど、どうやら実家のタブレットで電波を飛ばせることが分かって、なんとかブログを触ってみようかと重い腰をあげました。

スポンサーリンク[広告]



田舎にネットは要らない

そもそも田舎にネットはいらないというか、都会の中にあるギスギスしたものなどが一気になくなるので、ストレスはそれだけで軽減されるようなところがあるように思いますね。ツイッターなどは、やはり攻撃性や都会の多情報の中で生きてくるメディアなのかなと感じました。

発達障害とか、不安障害とかの類は、田舎で大家族の中で生活していれば悪化することは少ないのかなと、そんなことを感じました。

実家に帰るとなぜか祖母がいた。

なんかボケがきていて大変らしい。だから母親の兄夫婦の家からショートステイのようにして昨日来たということだ、色々たいへんなようです。

レビー小体型認知症

母が言うにはどうやらレビー小体型型認知症というのではないかということで、この認知症の特徴はハッキリとした幻覚が見えるということらしい。

2日目の夜に深夜、私がなんとなく浅い眠りの時に、いきなり祖母が

「あなたはどなたですか」

と大きな声で叫んでいるので、なにごとかと思った。

「誰かきちょうよー、誰かきちょうよー」

と騒いですぐに母を起こしていた。

祖母はとりあえず三泊だけして帰った、今後はグループホームを検討するということでした。

家族の難しさ

家族や身内の関係というのも難しいものですね、けっこう偏っている人も多いし、ほとんどの人は普通な人間ではなくて、どこか癖がある人同士がなんとかやっていかないといけない。私にとっては休息の帰省なんだけど、なんだか実家では介護問題というクレバーな問題で揺れているようです。