おみくじで凶をひく~京都、鞍馬寺からのメッセージ~

スポンサーリンク[広告]


今年の2月、鞍馬寺で引いたおみくじを見返してみた。

おみくじを引いた背景

スポンサーリンク[広告]



当時の私は、まだデイトレ退場前で、最後の真剣勝負をかけようとしていた。

トレード10年以上で負け越した額は、300万円に上ろうとしていたが、多画面モニターパソコンを用意して、本格的なデイトレに参入しようとしていたわけだ。

このブログも、ちょうどそのさ中、デイトレ収益日記として誕生した。

そんな中、年末年始に帰省していなかったので、一度帰省することになり、京都の友人を訪ねた時に、鞍馬寺に立ち寄った。

人生で初めた引いた凶

参道の途中、中宮のような場所でおみくじがひけるようだ、相場の二倍の200円の、無人高級おみくじであった。

私は、デイトレのゲン担ぎに一つお金をかけてみようと思った。

そこで引いたのが、人生で初のおみくじである。まさか凶を引くとは思ってもみなかったし、保存することをみこしたかのような高級紙である、受け入れるしかなかった。

すぐには消化できないなと、すぐに感じた。

今思えば、私をデイトレ地獄から救ってくれた、大きな出来事であったかもしれない。

株式トレードはギャンブルだ、ギャンブルを辞めるというのは並大抵のことではない

西原理恵子さんもこの本で書いていた

もう手元にないので詳しくは分からないけど、ギャンブルにおいて大事なのは、寸前のところで立ち止まって

  1. 超えてはいけないものに気づけてひきかえすのか
  2. なにもかも犠牲にして、一線をふみこえていくのか

で人生の明暗が分かれると書いていた。

そして、ギャンブルから足を洗うことは難しく、自分の周りでも、ほとんどの人が2になってしまうという。

ギャンブルに追いつく稼ぎなし

西原さん自身は、

”ギャンブルに追いつく稼ぎなし”

という常識を破れて、稼ぎがギャンブルに追いついたので助かったというのだ。

私の場合も、もし

  • 年末年始の100万以上の損失
  • おみくじ凶

がなかったらどうなっていたか分からない。

神仏にすがるタイプの人間ではないけど、鞍馬寺は私の一番よりどころにしている場所であるから、それが大きかった。私にとっては、常になんらかのメッセージを与えてくれる場所だ。

デイトレに手を出さない自分が、今でもよくわからない

なんで、こんなにすっぱり辞めれたのか、足を洗えたのかということについては自分でも不思議だ。

ブログにデイトレ退場を宣言しての、あっぱれな幕引きだった、今でもトレードをしたいと思うことはあるけど、もう二度とやらないようにしたい。

私は、足を洗うことで完全に目が覚めたようだ。

儲けられる可能性はあると思うし、成功できる人はいるだろう。

しかし、自分にはバカげたことをやっていたと思えるようになった、自分にはできないことだったのだ。

今持っている株は、ずっと持ち続けるだろうと思う

といっても、もうベトナム株しかないんだけど、困らない限りはずっと持ち続ける。もう月に数回しかみることもなくなったし、下がろうが上がろうが気にはならない。

いろんな要素があると思うけど、このブログやおみくじが救ってくれたのは絶対にある。とくにこのブログに打ち込めなかったら、きっと手を出していたに違いない。

そしてズルズルと資産を減らしていただろう、考えるだけでぞっとする。

デイトレ用のパソコンを、寸前のところで買わなくて本当に良かった。


鞍馬寺、おみくじ全文

第39番 凶

このみくじにあう人は

万事

我が頼みに思うものに

そむかれることあり

油断は禁物

火災盗難に注意

しかし、

神仏の御加護を念じ

身を慎み誠を尽せば

遠からず幸せは訪れる

○病気 一層の養生

○恋愛・縁談 時を待つべし

○待人 来ず

○訴訟 叶うでも悔むことあり

○失物 出にくし

○売物 時を待て

○建築・移転 時を改めるがよし

○旅行 見合わせるがよし

○金運 急ぐべからず

○受験 努力し、時を待つべし


以上