無職になって一年たった現状と今の気持ち

スポンサーリンク[広告]


無職になって一年が過ぎました。

まさか一年間も無職で過ごすとは思わなかった。

ただでさえない選択肢が、一年間職歴なしという負の経歴によって大きく狭まったと思います。期間工などでは突っ込まれることはないと思うけど、正社員では相当突っ込まれるんだろうな~もうダメかもしれません。

稼げなかったけど、ブログが唯一のやったこと

この一年、ハノイ旅行に行ったり、就活をしたり、職業訓練(日本語教師)の選考に落ちたりと色々ありましたが、やはりハイライトはブログを始めて8か月ぐらい書き続けたことじゃないかなと思います。

もうやめようと何度も思いましたがフラフラと続いており、なんとかこのまま何年も続けることができればなと思っています。

アフィリエイトサイトを作って稼ぎたかったのですが、雑記ブログは書けずに日記ブログになってしまいました。

8カ月やっても一円も稼げていないという絶望的な状況ですがどんな分野でも成功者はごく一部、ブログ更新を続けられていることだけでまずは評価したいです。

スポンサーリンク[広告]



無職飯の記事

苦労して書いた記事よりも、最近始めたテキトーに書いた無職飯の方が注目を集めているのが辛いところです、マーケティングというものは本当に難しいです。

もう働けない

もうまともに働ける気はしません、ブログを続けていくことでその気持ちがだんだん大きなものになっています。自分のモノの考え方や価値観などを鑑みて、どうもこれはまともに働くことは難しいなと感じざるをえません。

細胞レベルで私という人間が様々に主張しており、社会に合わせるのが辛いです。ごく普通に近い価値観や感性ならば合わせやすいのかもしれないけど、自分の場合は生まれながらの嗜好に反社会的なまなざしもプラスされ、無視することが困難です。

一人暮らしの出費

働かずに一人でじっとしてるならそれでいいんですが、腹は減るし部屋も服もいるのでお金がかかります。それらを得る最低限の労働というのも自立した一人暮らしでは10万円以上稼がなければならず、フルタイムと同じように働いても金が貯まらないため辛かったです。

せめて市民税と健康保険代がなければ10万円でも余裕だとは思いますが、税金が重くのしかかります。年金も払うならば15万は欲しいところで、そうなるともう正社員の方が楽ですよ。

まとめ

ただただ自分や世界を見つめながら静かに生きたいです。

関連記事

日本語講師養成科の面接に落ちました 誕生日前日の悲報 9月28日は誕生日なのですが、よりによって誕生日を迎える前の27日16時ごろ、つい...
ベトナム、そのうぃ~なるもの 私は時々、変なラインのやりとりをすることをせまられる。 例えばこんな感じだ あなた、今何をしている ...